「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
Yappyの「シュミトレ」ルール
1.儲けようという欲望は捨てる。
  そうすれば恐怖や希望も消える。
2.後は悠々淡々と動きに逆らわず素直にやることをやる。
  トレンドが出ない時はじっくり時を待つ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
・・・と言っても日経平均がいくらになるかということは、ハッキリ言って無意味だと思う。
もちろん先物やオプションをやってる人には少しは関心があるかと思うが、おそらく3ヶ月以上先の予想なんかしている人は少ないと思う。
指数連動ファンドなんかをやってる人も気にしているだろうが・・・こういう人はまず塩漬けしている人だと思う。
今年はその塩漬けの重石もとれるかもしれないと淡い期待を抱いている人もいるかもしれないが、今のところまずそういうことはないと思う。

さて、昨年末からの日経平均7連騰はまさにオバマ期待効果ということだろう。
が、今週末の状況からは、政策発表だけではそろそろ息切れを起こしている可能性がある。
もちろん、米国の実体経済の悪化が株価下落懸念を呼び起こしたということだろう。
12月米雇用統計で失業率が7.2%と16年ぶり高水準となったことがその引き金になっている。
ちなみに日本の11月の完全失業率は3.9%とここ3年近く4%前後を行ったり来たりしている。
それより株価と関連性が高く注目すべきは有効求人倍率だと思う。こちらは11月0.76倍で07年12月に1.0を切ってからは低下し続けている。
日経平均は07年7月にピークを打っているが、明確に下げトレンドを示してきたのは12月だ。
もちろん株価との関連は他の要素もあるが、大きなトレンドを考えるときはある程度参考にしている。
どこかの評論家やアナリストと称する人が言う年間日経平均予想に耳を傾けるよりも、この有効求人倍率を見てた方が賢いということだ。
株式相場をやる人は他人の予想を聞くよりも事実データの推移を見る方がはるかに失敗は少ない。

自分も日経平均を予想をするつもりもないし、その必要もほとんどない。
しかし、そのトレンドを感じておくことはデイトレをやるにいても必要なことだと思う。
という訳で、今のところ日経平均が今年は回復する兆しはないと感じている。
逆に、ここ半年の高値が1月の高値だということもあり得ると思っている。

米国株は今年少し上げるかもしれないが、そのときでも日本株はおそらく同じようについてはいけないと思う。
要素はいろいろあるが、どれをとってもいい材料は日本には今のところ全くない。
この年末年始の日経平均7連騰にしても、米国株のオババ期待効果でしかないし、独自の好材料は全然ない。
オバマはもしかすると歴史上最も偉大な米大統領になるかも知れないという期待があると思う。
それが事実につながっていけば、実体経済の回復は遅くても米国株価の回復はあり得ると思う。
日本株はと言うと、そのおコボレを頂戴する期待しかない。

話しは逸れるが、オバマの言動に較べて麻生のなんと情けないことか。
あれ以上の人間は「普通のサラリーマン」でもゴマンといる。
定額給付金に関して「受け取る受け取らない」のしょうもない議論が国会で展開されてるが・・・なんで「まだ予算が通ってないから言えない」とか「個人としてその時判断する」とかいう情けない答弁になるんだろう?
サラリーマンでも事業計画やら業績の改善やらで自分の考えを主張しなければならないときは一杯ある。
そいうとき自分の考えを言えない逃げるような発言ではそのプランなんか全く信用されない。
麻生も言うことがコロコロ変わってるから、また突っ込まれると思って逃げたのかも知れないが、その方がもっと軽蔑されるということが分からんのかな?
そういうところに麻生という人間の本質が出ているように思う。
例えば「受け取って地元の公共事業の役立てに何らかの形で寄付する」とか、何でもあるだろう。
自分の思ってることをそのまま言えない恐怖感に苛まれている人間に総理大臣なんか務まるはずはない。
オバマと麻生を比較するのもナンセンスだとは思うが、そういう国の株価が上がる方が可笑しいし、上がっても長続きするはずがない。

それとぶり返しも含めて言うと、日本の人口減少が続く限り株価の長期的な上昇などありえない。
麻生内閣では小渕が少子化対策担当大臣?になったが、麻生が決めた人事ならそんなもん屁の突っ張りにも劣ると思う。ただの一人の部下も持たないというではないか。大臣本人はやる気があってもいい仕事はできない。
サラリーマンでも「専門職」というのがあるが、「ライン職」のバックアップがあって初めてその力量が生かされるものだ。

それと日本経済にもう一つ二つ懸念がある。
一つは貿易赤字だ。
08年8月の貿易収支は、3240億円の赤字に転落した。正月休みで輸出が低水準に推移する傾向がある1月を除くと26年ぶりとなった。その後も10月も赤字だし確か11月も2ヶ月連続の赤字になったと思う。
そう、双子の赤字に陥ってきたのだ。
米国のように内需力が大きくない日本が貿易赤字ではどうして経済が成り立っていくの?

二つ目は最近竹中平蔵を非難する輩が異常に多いということだ。
確かに、ここもとの経済悪化による派遣労働者の失業問題がマスコミでも異常までにクローズアップされているが、竹中を非難する輩は何を一体どうしようとしているのか?
非難はするけど、具体的な策は出てこないし、自ら国政を変えていこうとは立ち上がらない。
竹中は金融大臣?のとき、銀行への公的資金を周囲の猛反対を押し切って実行した。もちろん、小泉という強い個性と信念?(良し悪しは別にしてとにかく揺るがなかった)人間のバックアップがあったからだろうが、竹中もなかなか芯のある、実行力のある人間だということは確かだ。
自分は変に偏ったイデオロギーみたいなものは持ってはないが、竹中を非難する輩はもしかすると豊かさの追求をやめて国民全員が貧しくてもお互い傷を舐め合うような社会を望んでいるのだろうか?
とにかく、具体的に何をどうして豊かさをどうしようとしているのか分からない。
ここでいう豊かさとは直接的には「心の豊かさ」ではなくいわゆる一人当たりのGDPのようなものを言っているが、回りまわってそれが「心の豊かさ」につながってくると思う。全面的には「ではない」としても「心の豊かさ」は人間性によるもので、全員が平等に貧しくなったからといって「心の豊かさ」が生まれるものではないと思う。

要らんことまで色々書いたけど・・・株式相場はそんなに甘くはないということを今一度認識した方がいいと思う。
また日経平均7連騰のことを書くけど、東証一部のかなりの大型株まで連日大幅上昇やらS高をつけるなどは、少し異常と思った方がいいと思う。
ま、それを押し上げている買い手がいたことは間違いないし、自分もその一人だったことも事実だか、最後まで夢中になって一人だけ取り残されるようなことにはなりたくないものである。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
突然ですが・・・さっき市場スケジュール見てたら・・・
「12/22:トヨタ渡辺社長会見」というのがあった。
知らんかったのはおいらだけ?かも知らんけど・・・
一体何を発表するんだろうか?
今どき、いい材料とは思えん。
下期の赤字と通期の見通し(赤字?)、そして来期の大幅赤字見込みが発表されるんやないやろね?
そんな内容だったら・・・おそらく日本株はまた急落する。
発表時間はいつなんだろうか?

トヨタ株はもちろんだが、在庫してる人は要注意やね?
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
最近、稼ぎが少なくなっている自分がこんなことを言うのは・・・ちょっと憚れるが・・・
今日の日経平均の終盤の上げ戻しは何だったんだろうか?
ここまで円高が進んできている中で、トヨタやソニーまでがあそこまで買い戻されるかなぁ~?
そんな波及効果?か日経平均までが上昇して引けた。
株価だけを見ていると・・・何だかこれ以上下がらないような錯覚にさえ陥りそうな今日この頃だわね。
本当にそうなら、それはそれで喜ばしいことだけど・・・
株価は半年先を示してるとは言うけれど、最近の株価は本当にそうかなぁ~
半年先の実体経済は明るさが見え始めているのだろうか?
どうもそう思えないのは素人の浅はかさか・・・

ところで、FOMCで相当幅の利下げがされたら、もう利下げはないという材料出尽くしでドル高に転じるという人もいたが・・・どうもそんなにひねくれて考えなくてもよかったようだ。
ただ、自分は明日明後日の日銀の金融政策決定会合でゼロ金利にする確率は非常に高いと思っている。
<中川財務金融相が今朝、為替介入はしないと言ったそうだが、そりゃあそうよね、米国が金利を下げた先から為替介入してたら怒られるわね、その代わり日銀にゼロ金利にするように暗に言っているような気がしてる>
そうなれば、今度は(一時的にだろうとは思うけど)少し円安が戻ってくると思う。
もちろん、その時は株価も一旦は上昇するだろう。
しかし、その後はどうだろう。
あなたが客観的な立場で買うとしたら・・・ドルor円?どっちを買う?

そこで、冒頭の話に戻るが・・・今日終盤のお買い上げはどうも年金様(信託銀行)らしい・・・そう、俺等の大事な年金資金を使って。
いつもなら、ここで社保庁の丸投げに文句の一つも言うところだが、自分達の年金資金でもあるし・・・できれば上手くいって欲しい。
そう、ゼロ金利政策の発表を受けて、金曜か月曜に日本株爆上げ・・・そして、今日買った年金様がガッポリ儲ける・・・俺等の年金資金が増える(減ったのを少しは取り戻せる)。

以上、全て仮定の話しではあるが・・・
年金様!ホントに上手く売り抜けてよ!
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
NYダウは1年4カ月ぶりの5連騰、日経平均も中一日の反落を挟んで同様の動きをしている。

この深刻な実体経済の悪化をよそに、なぜ株価は上がるのか?
そして、今後の株価も立ち直っていくのか?

その前に、冒頭の直近の連騰の理由を確かめてみよう。
NYダウについてはオバマのガイトナー財務長官をはじめとする人事案、シテイの救済策発表、FRBによる新たな資金供給策、ビッグ3の救済期待である。
日経平均については後述するとして・・・まずNYダウについて考えてみよう。
オバマへの期待は次から次へと絶え間なく出てくるものではないし、期待だけでは底力はないと思う・・・肝心なのは金融政策の方である。

例えば米政府のシティ救済策は、シティにとって素晴らしい内容である半面、米国民には巨大な負担となる。
米国民(政府)が、3000億ドル以上の与信枠を与えた見返りに、シティから得たものは、年間8%の利回りをもらえるとはいえ、270億ドル分の優先株式だけである。
シティは、とりあえず破綻を免れているが、いずれ再び危機的な状況に陥って潰れるかもしれない。最悪の場合、米政府(米国民)は3000億ドル前後の損失を被ることになるのである。

米国のカード保有者の10人に一人は、ローンを予定どおり返せなくなっている。
シティグループは米国を中心に、1億8500万枚のクレジットカードを世界で発行している。これらの発行済みカードが生んだローン債権の中の不良債権(90日以上の延滞債権)は、1年間に67%の急増となっている。
米金融界全体に共通することだが、シティグループの不良債権は今後さらに増えることが確実だ。

米政府は、シティ救済の直後には、フレディマックとファニーメイという政府系住宅金融機関2社の救済などのために、新たに8000億ドルの救済枠を作ることを決めた。シティ救済前に約7兆4千億ドルだった政府の金融救済枠の総額は、1週間ほどの間に8兆5千億ドルにまで急増した。
いずれ米政府は財政破綻し、ドルの価値が下がって、米国はハイパーインフレになると予測されている。
こうなると・・・もちろん円高は一気に進む。。。

外国人投資家がドルを信用しなくなり、ドルを売って金地金を買う動きを加速させ、金相場が高騰することだろうと予測している。
そして、ドル崩壊と金高騰が起きた後には、金本位制が見直され、再検討されることになるという。
金本位制復活論は、もはや嘲りの対象ではない。最近は毎日のように、この手の驚くべき話が、米英の新聞に掲載される。

さて、ビッグ3については・・・まだ決定されてないので、詳細には書けないが・・・米政府は恐らく全面的にではないにしても救済するだろう。合併話が同時に出てくる可能性もある。
いずれにしてもビッグ3が救済されるとすると・・・シティと同様以上?の負担が米政府(国民)にまた大きくのしかかってくる。

以上書いたことが全く確率の低いストーリーだろうか?
そうでないとすれば、果たしてNYダウは上昇していくだろうか?


次に日経平均についてであるが・・・
まあ、NYダウやナスの従属株であるから、そんなに自主的な材料は多くない。
ただこの2週間は¥8000くらいでモミモミしている。
このモミモミ状態での最初の週(11月第3週)の投資主体別売買動向(単位:百万円)を見てみると・・・
外国人 -536073( 6週連続売り越し)
法人   +590302(10週連続買い越し)
個人  +199774( 9週連続買い越し)
外国人は売って売って売りまくってる。
日本法人や個人はそれを買ってる。
で、日本法人の内訳だが・・・ +430163が信託銀行である・・・信託銀行?・・・実はこれは我々の年金資金であります・・・そう、大切な年金資金!・・・もちろんその週全体的にそのほとんどがその信託銀行の買いなのであ~る。
年金資金運用?・・・確か7-9月期で<4兆2,383億円>の損を出しているんじゃあ・・・?
で、また現在の<10-12月期>はさらに運用成績が悪化しているそうな・・・
俺等の年金資金、もっと大事に運用してもらわんと!・・・こういうの誰も責任取りません!
こんな買い、いつまで続く?
それにチャート見てみてよ!・・・ここ4日の売買高の少ないこと!

ということは・・・日本株の行方は?・・・

ま、日本株もそろそろ上げてもらいたいのは誰しも期待したいところですが・・・
客観的な事実と状況はこんなもんです。


明日から12月、褌を締めてかからんとあきませんな。

<注>シティの記事のところは、いつも読んでる記事をかなり抜粋させてもらってます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
最近、私用で外出やらなんやらで・・・今月一杯はトレードできないと思います・・・というか、時間的に細切れで落着かない中ではやらない方がいいと思って。

と言いながら、今日は少し時間が取れるので・・・久しぶりに記事をUPしてみようと・・・

表題の「日米」と限定したのは、このままでは今後恐らく陽が沈む国の代表的存在になると思うから。
なぜそんなことを言うのか?いや言えるのか?
それを最も象徴しているのが先程行われたG20だと思う。
そう、G7でもなくG8でもなく、G20なのだ。
もう、G7では何の意味も持てなくなった・・・日、米、英、独、仏、伊、加・・・ではもう何も決められなくなった。決めてもその効力はもうない。
G20・・・G7にBRICsを加え、さらに数ヶ国が加わるが・・・露はG8でお馴染みだか、一番重要なのは中国とサウジアラビアだろう。ちなみにお隣の韓国も加わる。

今まではG7にもBRIC諸国が参加することはあったが、G7構造に協力するよう求められる場でしかなく、BRICの発言権は小さかった。
が、しかし、もうこれからは違う。BRIC諸国やサウジアラビアがいないと、もう世界を回していけないのだ・・・今回の金融危機でさえも。

G20会議の直前、仏サルコジと露メドベージェフの2人の大統領がフランスで会合し「G20会議での仏露の方針は、ほとんど一致している」との声明を発表した。
サルコジ大統領は、G20サミットに出発する直前、パリで「サミットに出て、ドルはもはや世界で唯一の(基軸)通貨ではないと宣言する」と放言した。
ことさらそれ以上表面化はさせなかったが・・・仏露の考えは明らかに多極化戦略だ。
米国やドルの機軸体制はもう終わらそうとしているのだ。そうでないと金融経済の根本的解決はないと考えているのだ・・・もちろん、自国の利益を忘れることなく。

オバマ次期大統領は「この危機を乗り越える素早く簡単な方法などない。問題は何年にもわたって作られてきた。状況が改善する前に、悪化する可能性が大きい」と語っている。
そう、そう簡単には状況は改善しないのだ。
そのための対策をすればするほど、米国の財政赤字は膨らむ一方なのだ。
いずれ米国債の買い手がいなくなると投資家が予測していることは、米国債のCDS(債券破綻保険)の保険料の上昇からもうかがえる。昨年度まで米政府の新規国債発行(財政赤字額)は5000億ドル前後だったが、今年度(来年9月まで)は、すでに7000億ドルの金融救済費と、5000億ドルの景気対策費が加わることが決まっており、赤字総額は通常年度の3倍以上の1・5兆-2兆ドルに達すると予測されている。

そういう状況をG20が黙って見ているだろうか?(それでも米国債を買うだろうか?)
米国内では、国民も金融機関も赤字増で、国債を吸収できる余力がない。頼みの綱は外国人投資家だが、投資家は中東でも中国でも、米国への投資に対する警戒感を強めている。いずれ、米国債は売れなくなり、長期金利はさらに高騰しかねない。米国は、国債とドルの破綻への懸念が強まっている。米経済誌バロンズは最近、米国債破綻を懸念する「米政府はもう借りられなくなる?」という記事を出した。
米国のことばかり書いたが、同類の英国の経済もひどい。
英国は、この2カ月ほどの間に、急速に経済状態が悪化し、すでに不況に突入している。英国経済を支えるのは金融と不動産だが、金融界は米国と同じレバレッジ型(アングロサクソン型)の金融で、米国と同様に大崩壊している。金回りの悪化で、不動産市況も下落し、ピーク時から15%下がったと発表されているが、実際の下げ幅はその3割増で、統計数字が操作されているとの指摘がある。来年末までに、英不動産相場はピーク時より35%の下落になると予測されている。企業倒産も急増している。英国は来年、ひどい不況になるだろう。

麻生首相はG20会議に際し、ドルの覇権体制の永続を強く望むと表明し、IMFに1000億ドルの資金を拠出すると発表した。
他方、G20諸国の中でも特にお金を持っている中国とサウジアラビアは、自国の資金をIMFに注入し、その金で世界経済を救ってほしいと要請されているが、その要請には消極的である。
中国もサウジも、IMFに金を出すのではなく、自国の公共投資などを増やして経済成長を維持し、世界から商品を買うことで世界経済に貢献したい、と表明している。
さて、どちらがどうなのだろうか?

日本はあくまで米国と一心同体を望んでいる(米国はそんなことは思ってもないのだが)・・・というよりもどっぷり浸かった腐れ縁とも言えようが、今の日本の政治には(メディアも含めて)危機感がなさ過ぎないだろうか?

今後、米の国債と通貨がいつ破綻するのか、破綻しそうでしないのか、先行きは確定的ではないが、米英ともに財政難がひどくなり、ドルとポンドへの信頼が陰って、米英経済覇権が崩壊に向かう可能性は高い。
そういう中で、株価はどう推移するのだろうか?
そして、その米国以上に連動振幅する日本経済や株価は一体どうなるのだろうか?
先週金曜日に日米共に株価は上昇し、今夜のNYも明日の日本株も上昇するかも知れない。
が、しかし・・・

<注>文中のデータや一部の文章は日頃読んでいる記事から抜粋している箇所があります。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。