「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
Yappyの「シュミトレ」ルール
1.儲けようという欲望は捨てる。
  そうすれば恐怖や希望も消える。
2.後は悠々淡々と動きに逆らわず素直にやることをやる。
  トレンドが出ない時はじっくり時を待つ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
「一目均衡表」は日本人が生み出したこともあって、日本人投資家の間で大変人気の高いチャートだ。

「一目均衡表」は、相場の方向性や転換点を株価という観点だけではなく、時間(日数=日柄)という観点からも探り出そうとする指標だ。

また、他のテクニカル指標ではあまり使われない「9日」や「26日」といった計算日数が使われているのも特徴だ。

(1)基準線

『基準線の方向(上向き、下向き)が相場の方向性を示す』もっとも基本的なラインだ。上昇初期のトレンドが転換した初期には「基準線」が下値抵抗ラインの目処になると言われる。

算出:過去26日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの。

(2)転換線 

「基準線」と同様に下値抵抗ラインの目処として使うことができる。上昇トレンドが強くなっているときには株価が下げた場合にも「基準線」までは下落せずに「転換線」まで下落して反転することが多くなると言われる。

算出:過去9日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの。

(3)先行スパン1、先行スパン2

これまでの動きから、将来“抵抗ライン”として機能しそうな株価を表示する。「先行スパン1」と、「先行スパン2」に挟まれた部分が「雲」といわれ、抵抗ラインとして使われる。(「雲」に関しては後述)

算出:
先行スパン1→「基準線」と「転換線」を足して2で割ったもの。 先行スパン2→"過去52日間の最高値"と"過去52日間の最安値"を足して2で割ったもの。

先行スパン1、2共に、それぞれの値を26日先に(先行して)表示される。

(4)遅行スパン

現在の株価と、遅行スパンの位置を見て(26日前の株価より高いのか、低いのかを見て)相場のトレンドを探るために使われる。

算出:当日の終値を当日を含めて26日前に(遅行させて)表示されている。

「雲」の見方
「一目均衡表」にはいくつものラインがありますが、もっともわかりやすいのが「雲」を使った抵抗ラインの見方だ。

◆現在の株価と、雲の位置関係から「雲」を抵抗ラインとして使う
現在の株価よりも下に「雲」があれば、「雲」の出ている価格帯付近を抵抗ラインの 1つとして判断材料にすることができる。

◆雲の色の変化をトレンド転換として使う
「一目均衡表」を表示させてみると「雲」には薄いグレーと、濃いグレーの2つがあるが、この、「雲」の色が変わるときをトレンドの転換点として見ることができる。

濃いグレーの「雲」を株価が突き抜けて上昇したときには、下落から上昇トレンドに転換したと見られることが多く、薄いグレーの「雲」を株価が突き抜けて下落したときは、上昇から下落トレンドに転換したと見られることが多いようだ。

◆雲の厚さ
「雲」の厚さは「抵抗ライン」としての強さを表す。

「一目均衡表」を使った転換点の探し方
「一目均衡表」を使って、相場のトレンドが下落から上昇、上昇から下落などにトレンド転換するところを探すときに見るポイントがある。

下落から上昇に転じるのを【好転】、上昇から下落に転じるのを【逆転】として、下に3つ紹介する。

◆「現在の株価」と「雲」の位置関係
【好転】株価が雲を上回っている
【逆転】株価が雲を下回っている

◆「転換線」と「基準線」の関係
【好転】転換線が基準線を上回ってる
【逆転】転換線が基準線を下回ってる

◆「遅行スパン」と「26日前の株価」の位置関係
【好転】遅行スパンが26日前の株価を上回っている
【逆転】遅行スパンが26日前の株価を下回っている

ポイントを3つ挙げたが、3つの条件(役)の中で3つ全て「好転」となれば、「三役好転」言われる、強い買いのポイントとして判断できる。同じように、3つ全て「逆転」を満たせば「三役逆転」となり、強い売りのポイントとして判断できる。

「一目均衡表」は「視覚的にトレンドの判定や抵抗ラインの位置を把握できる」として多くの投資家に好まれて使われているため当たりやすいという人もいる。

しかし、実際に売買の判断に用いるときには、「一目均衡表」だけですべての売買を判断するのではなく、チャートをチェックして現在の株価は割高な水準になっていないか?、他の抵抗ライン(押し目率、価格帯別出来高、移動平均線など)との複合チェックで「抵抗ライン」の強さはどうか?といった「複合チェック」は必ず行なうようにしよう。

チェック項目が増え、同じ位の株価水準に複数の「抵抗ライン」が集まっているようであれあば、その「抵抗ライン」は、上げ止まり、下げ止まりとなる可能性の高い、“強い抵抗ライン”と考えることができる。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
「押し目」とは、株価が上昇したあと利益確定売りなどで下がったときに、直前の上昇に対してどのくらい下がったか(押しをいれたか)を見るときに、高値から“1/3下がった”や“1/2下げた”など切りの良いところまで下がったことを「ちょうど良い押し目を入れた」と表現する。

プロの投資家などは、上記のような「1/2押し」「1/3押し」など切りの良いところまで下がると、「ここまで下がれば(押せば)、そろそろ下げ止まるだろう」という投資家心理が働く水準のため、株価の下げが止まる「抵抗ライン」として考えられる訳だ。

これとは逆に「戻し目」とは、株価が直前に下がった下落幅に対して反転したときに、「ここまで戻れば(上がれば)、上げ止まるだろう」という投資家心理が働く水準となるため、“押し目”同様に「抵抗ライン」として考えることができる。

押し目を計る切りの良い水準の中で、「1/2押し」や「1/3押し」などの他に、“0.382押し”や“0.618押し”といった中途半端な数字があることにお気付きの方もいるのではないだろうか?

この中途半端な数値は『フィボナッチ級数』『黄金分割比』といわれるものだ。

簡単に言うと、この数値は人間が最も美しい、心地よいと感じる比率として知られ、この比率を使って作られたもので代表的なものは、ピラミッドや身近なものではトランプや名刺などがある。

このように、人間の心理に影響する数字を使っていることからも、“押し目”は投資家心理を表しているということが分かる。

一般的に、よく使われる押し目は『1/3押し、1/2押し、2/3押し、全値押し』と『0.382押し、0.618押し』の6つだ。

これらのよく使われる“節目”となる「押し目」は、機関投資家をはじめとした多くの投資家が意識していることから、そこで下落が止まって反転上昇することが多くなる。

投資家に人気があり、上昇を続けている銘柄の場合は、「下がってきたら買いたい!」と思う投資家が多くいるので、下げ止まって上昇に転じるのが早くなる。このため、『1/3押し』や『0.382押し』で待つのが良い。

反対に、投資家にそれほど人気があるわけでなく、比較的ゆっくりと上昇している銘柄の場合は『1/2押し』まで下がってくるのを待ち伏せする方がリスクが少なくなる。

さらに、よりリスクを低くしたい場合や、上昇の傾向がはっきりしない、あるいは横ばいの動きをしている銘柄の場合は、『2/3押し』や『0.618押し』、さらには『全値押し』まで待った方が良いといえる。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
「移動平均線」とは、一定期間の株価の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフだ。

・ 「移動平均線」から相場の流れがわかる。
・ 「移動平均線」で株価の上昇や下落が止まり、反転する可能性が高い。
・ 「移動平均線」は株価がなだらかに動く相場で威力を発揮する。
・ ある期間の「移動平均線」がうまく機能していない場合には、別の期間の移動平均線もチェックする。
・ 多くの投資家に使われているテクニカル指標は当たりやすい。

「移動平均線」は一定期間の終値の平均値だから、言い換えると、ある銘柄をその期間に買った投資家全員の平均コスト(買い値の平均値)ということになる。

このことから、上昇トレンドの場合は“平均コスト”よりも大きく上昇して、利益を取ることができた投資家が前回買った買い値に近づくと、「また買えば儲かるかもしれない」と考え買い注文を入れるため、株価が下げとまり再び上昇すると考えられる。

反対に下落トレンドの時は、買った後大きく下がってしまって売りたくても売れなかった投資家が、買い値に近づいたことで、「やっと株価が戻って損失が少なくなったので、今の内に売ってしまおう。」と考える投資家が売り注文を出す傾向があることから、上昇が止まると考えられる訳だ。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
「価格帯別出来高」とは、過去に売買が成立した株数を価格帯ごとに集計したものだ。

・ “出来高の多い価格帯”を探せば、上値・下値の「抵抗ライン」がわかる。
・「価格帯別出来高」だけではなく、必ずそのほかの指標を使って「複合チェック」を行う。

ただし、単純に「価格帯別出来高」だけを見て、買うか、買わないかを決定するのではなく、ローソク足や、他の指標とも合わせてチェックして、最終的な判断をするようにしよう。
「抵抗ライン」と使うときは、必ず、いくつかの異なる基準で表示された指標同士が同じような価格帯で重なるかどうかを見る「複合チェック」をすることが大切だ。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
抵抗ラインとは

・ 「抵抗ライン」は、過去の値動きや、出来高などから株価が一旦下げ(上げ)止まる可能性の高い価格帯。
・ 「抵抗ライン」には、いろいろな種類がある。
・ 「抵抗ライン」で必ず下げ(上げ)止まるとは限りません。精度アップすることが必要!
・ 週足チャートで中長期的な株価の動きを見ることで、下げ(上げ)止まる可能性の高い「抵抗ライン」を探すことができる。
・ 複数の指標を使った「複合チェック」で、精度の高い「抵抗ライン」を見つける。


一般によく使われる抵抗ライン

・一目均衡表(いちもくきんこうひょう)
・価格帯別出来高
・移動平均線
・押し目、戻し目 など


高値同士、安値同士に自分でラインを引く抵抗ライン

・一般的に使われる「上値支持線」、「下値支持線」
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。