「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
Yappyの「シュミトレ」ルール
1.儲けようという欲望は捨てる。
  そうすれば恐怖や希望も消える。
2.後は悠々淡々と動きに逆らわず素直にやることをやる。
  トレンドが出ない時はじっくり時を待つ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
(2)トレンドをつかまえる

さて、具体的にトレンドをどうつかまえ、そしてどうやってそこから利益をあげていくのかを考えよう。
ここでは買いのケースで説明していくが、売りの場合は基本的にその反対になる。
また、「日」という単位で説明していくが、デイの場合の5分足あるいは10分足でも考え方は変わらない。

1)どこでトレンドありとするか
前述のとおり、トレンドをどう定義するかは、すなわち何日続けて高値を更新したときに上昇トレンドというのかは、その人の投資スタイルによる。

2日の高値更新で上昇トレンドありとれば、トレンド判定は早くなり、当然乗るのも早い段階となる。
一方、トレンド判定をもっと慎重に4日続伸で初めて上昇トレンドありとしたときは、トレンドはしっかり確認する分、乗るのは遅くなる。
前者の場合はそのトレンドが本物なら大きな値幅が取れるが、3日目には反落するケースいわゆる「ダマシ」も多くなり、損切る場面も多くなるはずである。
後者の場合はその反対で利が乗る確率は高くなるので勝率は上がるが、早めの利確が必要でその分、値幅は小さくなる。
つまり、両者は「トレードオフ」(ある利点を取ろうとすると別の利点が失われる)の関係にある。

しかし、デイトレードを含む短期トレードでは前者を基本スタイルとする。
その理由は・・・前回の11.トレンドを知る(理論編その2)を読むと分かるはずである・・・特に、9)安全指向のジレンマ そして 10)リスクに向き合えば勝てる、を。

さて、ここまでは、典型的な上昇トレンドの例を取り上げたが、実際にチャートを見ると、綺麗に高値・安値を切り上げていく形になっていないケースもしばしばある。
実際にトレードする際には、これが意外とわずらわしい、もっといえばこれが混乱のもとになったりする・・・そう、チャートは大事だと思ってる人には余計に。

チャートは大事なのは間違いないし、今までもこれからもそう言い続けるだろう。
しかし、細かいパターンを知り尽くしてそれを組み合わしたりして、チャートの研究家になるならそういう本は一杯売ってるからそれを勉強すればいい。
実際にそれをどうトレードに生かすかは別問題で、それほど多種多様なパターンを憶える必要はないと思うし、憶えたとしてもそれをどう活用するかの明確なルールはない。
あくまでトレードする人の創意工夫が大切で、トレンドとしてどう読んでどう実行するのかの感覚を自分のものとしていくしかない。

ここでは、あくまでトレンドとして読むための大まかなパターンを知って、そしてトレンドとしてつかまえることが目的である。

2)孕み足と包み足
上昇トレンドを判定するときに、問題になりそうなケースを取り上げることにする。

①孕み足
結論から言うと、この日はトレンドの判定に使わない。
チャート本なんかには「株価上昇への転換点を示す」と書いてあるが、ここでは中立とみている。
次のサインを出してくれるのを待つ。

②包み足
これはそれが陽線か陰線かで判定する。
陽線でそれが2日目の足であれば上昇トレンドと判定する。
陰線であれば上昇トレンド入りは崩れたと判定する。

3)エリオット波動理論
これはトレンドをつかまえる上で意味を持ってると思う。
実はトレンドは入れ子構造になっているのである。
大きな波の中には小さな波が複数含まれている。
そして、その小さな波に中には、さらに小さな波が複数含まれているというのが、トレンドの構造なのである。
この理論は簡単にいうと、5つの動きで波は押し寄せ、3つの動きで波は引いていくというものである。
20世紀初めのテクニカル分析の大家エリオットが、病気療養中に眺めていた海でそれを見つけたと言われている。
宇宙にある万物は1つの原理に支配され、その規則に従って動いているとみた。
だから、相場も先ほどの波の動きのように、5つの波が最終的に上に向かっているならば、それは上昇トレンドで、「上昇・下降・上昇・下降・上昇」のパターンの完成で、上昇トレンドは終了。
その後は、3つの波動(下降・上昇・下降)で下降トレンドが作られることになる。

このエリオット波動理論については、信じる信じない、あるいは賛否両論がある。
ただ、相場の1つの大きな波の中には、小さな波がいくつも連なってるということは、非常に興味深い考え方であろう。
すなわち、大きな波があるなら、その中の小さな波もその方向に動いているということである。
逆に言えば、小さな波が連なってある方向に動いているということは、大きな波もその方向に向かって作られているということである。
実際の相場では、大きな波が上昇波動であれば、小さな波も全体としては上に向かっているということに着目して、買いを入れるところを捜すということができる。
ここで決してやってはいけないことは、このトレンドに逆らって空売り持ちをするということだ・・・普通の人ならば。

4)トレンドは優位性
チャート分析においても、トレンド分析を飛び越して、いきなり数あるパターン分析を憶えようとしたり、手っ取り早くオシレータ分析を見ようとする人も多い。
しかし、トレンド分析は相場の本質をつかむためには、どうしても必要なものである。
実際の相場ではこれが正解というトレードは用意されていない。
自分自身がどうトレンドを感じて、どうそれに乗っていくかを、自分自身で判断しなければならない。

トレンドは優位性である。
トレンドを学ぶことは、勝率を上げ、損益率(利益÷損失)を上げることに役立つ。
トレード戦略を立てるときに、トレンドをつかまえることを中心にする・・・これをはっきり意識するだけでも、パフォーマンスは間違いなく改善する。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
という感は否めないな。
な~んか息切れせんかと心配になってくる。
ま、お化粧買いも多少はあるとは思うけど・・・それよか、なにかの上昇のキッカケを捜してたような気もする。
で、米国の4―6月期GDPと本邦の7月の新設住宅着工の数字の所為にしたな。
それでも久しぶりの上げ幅なんやから素直に受け止めよう。

後場、もう一段上げの予想はしてたけど、途中結構押したから、やっぱりそう簡単には上げていかんのやな?と思って手が出ず。
そんなんで、最後の方で元気のいい鉄を少しだけ貝拾いしただけ。

で、後場のトレードは・・・
①8604ノムさん:前場貝@1445⇒食@1457。
②5405住金時:貝@484⇒食@486。

①は後場始まって下げてきたところを早めに食べた。
誰も?14時以降の急上げは予想つかんかったと思う・・・しょうおへん。
②これはもうすることないから上げそうなところをサッと拾って2T上で指しといた。
鉄はこれも5401も高値引けやね・・・月曜また上げるつもりなんやろうね?今のところは。
ということで、今日は朝の損切りもあったけど・・・プラスで終われた。

はい、後は今夜のNYの出来次第ですな。
ま、あんまり先のこと考えても、屁の突っ張りにもならんから、予想はよそう。
(柔道の石井君もよう言うわ、あんなこと、放送されるのに・・・けどえらい。)

今日のエンディングは・・・けだる~いボッサでも・・・
Stan Getz & João Gilberto "Corcovado"
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
・・・幸せになれんのよね、いつの時代にも、どんな環境でもね。
やっぱり、人間素直にならんといかんね。

今日は上げるとは思ってたけど・・・日経¥13000を超えてくるとは思わんかった。
そんなんで、もう一歩踏み出せんかった。
ま、金融は上げてくるとは思ってたから、値動きの良さそうなのを1つだけ拾った。
それと、昨日下衆の勘ぐりで瓜採りしてもうたんは早々に損切り手仕舞いした。

で、前場のトレードは・・・
①8360やまなちちゅうちゃん:瓜在庫@563⇒食@575。
②8604ノムさん:貝@1445。

①は打診瓜採りということで1枚だけにしといたんで、まだ不幸中の幸いと思っとこ。
②はまだ食べてない。
指数的には¥13000を超えたから、後場もしかしたら、もう一段高の可能性も出てきたと思って。

ま、いずれにしても反発は短期的やと思うんで、深追いは禁物やな?
・・・そんな疑り深いことを言うてるからあかんのかな?
できるだけ素直な人間になれるよう努力をしてみよう。
ん?無駄なあがき?・・・そうかも知らん。

それにしても、昨日からの集中豪雨はかなりひどいな。
東海地区の人は特に大変だと思う。
人間の造ったものはこんなにも脆いもんだったんやな、と最近よく感じる。
本当に地球を取り巻く自然現象が大きく変わってきてるんやろうか?
そんな時に株のトレードしててええんやろうか?
・・・それとこれとは話が違うな。
人生楽しく生きていくためには、まずは自分のことを精一杯やらんとね。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
今日もさっぱりサッパリ分からん相場やった。
落書きでもして遊びたいような気分。
そういやぁ、子供の頃?よう落書きして怒られたなぁ~
雑誌に写真が載ってたら、ヒゲやめがねや舌や、アホなことばっかり書いて、おかんによう怒られた記憶がある。

ま、今日の後場はそういう気分やった。

で、後場のトレードは・・・
①8360やまなちちゅうちゃん:瓜@563。
②6674ゆアチャ:瓜@560⇒食@546。

①はこういう記事見たんよね・・・
『山梨中央銀 14億円取り立て不能遅延発生
2008年08月28日(木) 11時02分
山梨中央銀行<8360>は、創建ホームズの民事再生に伴い、同社に対する貸出金23億4200万円、支払承諾1億円が取り立て不能・遅延が発生したと発表した。担保等を除いた取立て不能額は14億1100万円であるが中間期に引き当てを行う予定としている。』
それでも、後場始まって上げてきてるんやね。
な~んか変やなぁ~と思いながらも、スケベ根性モロ出しで、1枚だけ打診瓜採りしといたろと・・・
下げてきたら追撃瓜採りしたろうかな?ともなんとも間抜けな妄想を抱いて。
中ほどでは、少し下げそうな雰囲気もあったけど、ほとんど下げずに・・・最後は上げてた。
やっぱり下衆なトレードはあかんね。
はい、明日損切りしやす・・・S高にはならんとってな。

②は一日を見ても、今日は瓜採りに絶好なお日和でしたなぁ~
けど、そういう森を見るほどの大きな気持ちは持ち合わせてないし・・・急落していったのを見て踊り場あたりで乗ってみた・・・切り返しそうなところで食べたけど、最後はまた下げたわ・・・そんなん見通せんもんね。

はい、そんなんで、今日はへのへのもへのな一日でやんした。
なんのこっちゃ?

では、今日のエンディングは昔の芋兄ちゃん・・・今日のおいらみたい・・・による・・・Tom Jones - She's a Lady
この頃はアメちゃんにも勢いがあったような気がするなぁ~
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
前半は絶好の売り場やったね。
NYが上げて帰ってきてたから、買い持ちを処分したがってた人や目ざとい売り方は、ちょっと高くなるのを待って、売ってきたんやろうな、おそらく。
初めの方で買いに飛び乗った人はごくろうさんのくたびれ儲けということころか。
終盤少し戻したけど・・・

ま、いずれにしても、8月はもう方向感出んということやな。
9月になって、ぐぁいじんさんが夏休みから戻ってきて、日本株をどう見るかによって少しは動くんかな?

最近、動かん銘柄が多いんで、今日はチンコウ市場の銘柄も見てみた、もちろん貝目線で。
が、最初の方は右肩下がりがずっと続いたんで・・・ちょっと目を離している隙に・・・サイン見落とした。

そんなんで、前場のトレードは相変わらずに近いものになってしまった。
①5541ごぼう:瓜@711⇒食@707。
          瓜@712⇒食@701。
②6269痒いよう:貝@3500⇒食@3540。

①はまずまず下げトレンドに乗れたと思う。
その代わり、他の瓜がよく見れんかった。
②はまあ買われやすい銘柄なんで、下げて切り返したところを拾ってみた。
も少し粘ろうかとも思ったけどモミモミしたんで、あはん・・・ちょっと早過ぎたかな?

はい、後場はも少しは上げていくような気もするけど・・・買い場になるかな?
が、やっぱり、主力株は瓜目線の方が無難なような気がするな。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
・・・と感じた。
こんなんじゃあ、自分の実力では手も足も出ん。
理由なんかはどうでもいいけど・・・皆んなどう考えて動いていたんやろうか?

実は、ちょっと横になったり、ワンコと遊んだりで、気分転換もしたんやけど・・・どうも、堂々巡りになってしまう。

で、後場のトレードは・・・
5541ごぼう:前場瓜@715⇒食@697。
結局、前場からの在庫処分しただけに終わった。
これは後場上げて、戻して、また上げそうになったんでええ加減で食べた。

で、なんでごっつう難解かと思ったのか?
それは前場もトレードした8002と5108をずっと見てた。
もちろんチャンスあれば・・・と思って。
が、どうしても手が出んかった。
特に、5108は後場からは強いなぁ~、前場の瓜採りをよう怖いもの知らずでやったんや、と思ってしまうくらい。
それでも、いつか瓜採りできるんやないかと思って、じっと見てた。
ぐっと上げて、少し押してもすぐ大きいのがパクッと売り板を喰いよる。
こりゃあ危険やなぁ~と思って・・・自重してた。
が、14時過ぎからの下げはホンモノやった。
結局自分には難解すぎる動きやったということしか残ってない、う~ん。

ま、そういうこともある。
考えても始まらんわ。

そうそう、難解といえば・・・コルトレーンのこれ。
伝統的なコード進行ではアドリブもありきたりになってしまうということで、2小節ごとに転調して進んでいくメチャ難解なコード進行の曲を作って、これを見事にアドリブを展開していく・・・当時は皆んなアッと言った。
Giant Steps
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
このジリ安は不吉な予感さえ感じる。
もう、瓜目線で見るしかない。
相場は何かを要求してるようにも思える。
「それが叶うまではジリジリ下げ続ける覚悟をしている」と言ってるようだ。

・・・と、格好いいこと言いながら、実は貝拾いして失敗してりゃあ世話ないわ。

で、前場のトレードは・・・
①5541ごぼう:瓜@715。
②5108石橋:瓜@1799⇒食@1791。
③8002丸々紅豚:貝@661⇒食@657。

①は昨日もお世話になったんで見てたけど・・・個人が結構触ってるから少し様子を見てからの瓜採りとした。
まだ食べてない。
②は結構狙ってたんで、最初の方で瓜採りはしたけど・・・結構踏まれた。
ここは我慢と自分に言い聞かせ待ってたら下げてきたんで、一服した辺りで食べたけど・・・もう少し下があった。
けど、この銘柄もいつもよう分からんところもあると感じる。
今日だって、どうも方向感が定まってない。
昼前にはかなり急に上げ戻ししていくし・・・が、まだ2回目は瓜採りしてない。
③は、実は落ちてくるナイフつかみをしてもうた。
まさか、ここまでは・・・と思ってたけど・・・落ちてもここが地面だととも思ってたんやろうかな?
接近したから、逃げようと思ったけど・・・その時は、もうナイフが刺さって血が出てた。
節目割れたらすぐLCしようと思ってたけど・・・やっぱり遅れた。

はい、そんなんで、こういう相場では大抵の銘柄は貝拾いサインが出ても拾ったらあかんように思える。
拾うんなら、材料が出てる銘柄をある程度尻餅つくリスクを背負ってやるしかないね。
それよか、やっぱり瓜採りを待った方が良さそうな気がする。

では、後場はそんな目線で見て行こうと思うけど・・・どうなることやら。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
・・・というのはこういうことを言うんやろうな。
それに指数が下げてる割には個別はそんなに下げてないような気もする。

ま、こういう相場は、上手く乗ってる人に任せといたらいい。
無理してチャレンジする展開でもないみたい。
それに、どうみても自分にはチャート見てても、ヨシっという場面はほとんどなかった。

・・・という言い訳をしておこう。

で、後場のトレードは・・・
①5541ごぼう:前場瓜@733⇒食@724。
②8002丸々紅豚:前場貝@660⇒664。

というわけで、前場での在庫を食しただけとなった。
もちろん、後場も見てたけど・・・どうみても入ったらやられそうな感じやった。
②なんかでもずぅ~っと在庫@より下をウロウロしてたし・・・それが13時になったとたんに急に上げ始めた・・・で、結構ジグザグして最後は高値引け・・・よう分からん。
ま、前場からおかしいな?とは思ってた節もあった・・・売り板がどんどん出てくるけど・・・一向に急落せん・・・普通なら、もう上に行けんと感じたら急下げするはずなのに。

ま、そんなことは詮索してもしょうがおへんけどね。

そういうことやから、出来高が増えるまでは明日の予想なんかよそう。ガクッ!

夏といえば相場ではサマーラリー・・・今年の夏も相場も、もうこんな時はなしで終わるんやなぁ~

世界でいちばん熱い夏 (LIVE)
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
なにかのミスで前場の記事がUPされてなかったんで、改めてUPしやす。


ははっ、なにが高値も安値も切り上げたら、短期上昇局面?
よう言うわ・・・これ自分のこと。
ま、言うのはタダやから・・・

それにしても、NYも金融関連は毎日ころころ強弱が変わるな。
ま、それも相場やから、正面から受け止めよう・・・てな、偉そうなこと言って別にど~ってことないからそう言えるだけか。
はい、はい、毎日のデイトレを細かくやるだけやから・・・

で、前場のトレードは・・・
①5541金属製ごぼう:瓜@733。
②8002丸々紅豚:貝@660。
③6674ユアチャ~:貝@566⇒食@569。

なんという意味不明なトレードやろうか・・・自分でもそう思う。
特に確固とした考えもなく、チャートのおもむくままに・・・それが、また例外もありで・・・
①の最初の上げは理解できんかったけど・・・理解しようとも思わず・・・上がりきって下げサイン出たところで瓜採り、その後ちょっと踏まれたけどすぐ下げて行った。
これはまだ食べてない。
②これは自分でもなんで貝拾いなんかよう分からんトレードやった。
上げていくか?と思ったけど・・・出てくる出でくる売り板が・・・で、1T抜きやったらできていたけど、つい欲をかいて・・・まだ食べてない。
これは、もしかしたら後場後悔するかも知らんな。
ま、そのときは早めのLCすればええんやから・・・ということにしとこ。
③はケッサクやったなぁ~
貝拾い注文を底値に置いて飛び乗るチャンスを待ってたら・・・ちょっとカーヒーでも淹れようかと目を離した隙に・・・な~んと急落して約定してるやんか!・・・ああ、なんという・・・
こういう銘柄は下げる時はドンドン下げるから恐怖感一杯やったけど、それでもまだLCは入れずに節目手前で待つことにしたら・・・えへっ、戻してくれた・・・助かったぁ~・・・という感じ。

ま、そんなんで、これといったいいトレードはできてないけど・・・まあ、結果が一番やから・・・でへっ。

そやから、他に偉そうなこということはありまへ~ん。
後場も分かりまへ~ん。

けど、短期上昇も夢でしたな。
また、振り出しからやね。
ま、人生大抵そんなもんでしょ?
ちと、大袈裟やね。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
日経平均、かろうじて陽線にはなったけど・・・
もうちょっといいおみ足にならんかったな。
ま、明日でかなり決まってくるような気がする。
明日が上値も下値も切り上げてくるようなら・・・これは短期反発局面入りやね。

さてさて、そんなんで、後場はコレといった銘柄は見つけられず・・・1往復トレードだけやった。
で、そのトレードは・・・
6674Youアチャ~:貝@565⇒食@570。

前場から見ていたから、なんとなく入りやすかった。
最後まで我慢すればよかったけど・・・ま、そんなに上手くはいかんよね。

はい、今日は前場でMUSICも入れたし・・・
特に言うことはありやせん。
ま、強いていうならば、今夜のNYもどっちかといえば、上げて欲しい気はするね。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
そう、なんであんなに違うのか?
これは自分だけの感覚なのか?

ま、この話しは後にして、まずはトレードのことを・・・

先週末のNYの大幅?上昇を受け、というかその要因となった金融業界の買収話やバー南紀での講演が市場の気持ちを少し和らげたことが、今日のTKにも反映されていると思う。

土曜から思ってたが、今日の日経平均日足が綺麗な陽線で終われれば、短期的ではあっても反発局面も迎えられる可能性が出てくると思う。
それが陰線やら、迷い線が出るようじゃあ、先週からのトレンドから変わりばえしないものになるだろうと。

ま、それはそれとして、今日はそんなに高く寄らんかったら、日足で陽線になるだろうと思われる銘柄に絞って、貝目線で行こうと思っていた・・・まずは前場については。

で、前場のトレードは・・・
①5202痛硝子:貝@503⇒食@520。
②8604ノムさん:貝@1447⇒食@1457。

①も②も抜けたところをサッと貝拾いした。
②は下げられて、ちょっとヤバイかな?と思ったが、LC線までは下がらなかったんで我慢してたら、グッと上げてくれた。
①は途中の押し目を我慢して、一段高になって支持線割ったところで急いで食べた。
②も上げて戻して次が抜けなかったんで、ここで食べた。

6674も見てたけど・・・よう乗らんかった・・・ちょっと悔しい。
が、①②は自分なりになかなかいいトレードをしたように思う。
その後のドテン瓜採りなんかができればええんやけど・・・そこまでの度量はないし・・・自重した。

後場は冒頭に書いてるように、できれば綺麗な陽線の脚線美を見せて欲しいもんやけど・・・
ちょっと期待し過ぎかな?

はい、では余談になるけれど、タイトルの話を・・・少し・・・
土曜の日記に、これも蛇足やけど・・・北京五輪の星野ジャパンとWBCの王監督率いる全日本チームの違いについて書いた。
で、今日はもう一つ、テーマ曲についてなんやけど・・・NHKの?・・・
今年のこの北京のテーマ曲はさっぱり分からん。
何を言おうとしてるのかは、分かるような気もするけど・・・敢えて歌詞を追ってみようという気にもならん。
曲自体も盛り上がりのないものに感じる。
な~んか、オリンピックにふさわしくない・・・どう言っていいのか?・・・そう、文化祭系?のような曲やと思う。

それに較べて、アテネのはよかったなぁ~
今でも、これを聞くとつい・・・
スポーツを部活かなんかでやったことのある人やったら、おそらくおんなじようなことを言う人は多いと思う。
体育会系の曲やし、それでいて・・・
心に響くなぁ~

ミスチルファンには悪いけど、やっぱりゆずやね・・・ずっとこの曲で行ったらいいと思えるほどいい。
この曲で女子ソフトボールを見てみたいような気がする。

はい、また要らんことを言うてもうたけど・・・
もう一度、この曲を・・・
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
また身勝手なひとりごとを少しだけ・・・

北京五輪での女子ソフトボールの栄冠に較べ、野球の不甲斐なさは誰もが感じているところだと思う。
その差は何か?
それは、勝負にこだわる気持ちの違いだと思う。
そして、それをいつも適度の緊張の中で保ち続けるリーダーの存在の有無だと思う。
リーダーといってもそれはキャプテンとは限らない。
女子ソフトボールの上野がそうであるならば、野球は誰がその役割を担ったの?

06年、あの王監督率いる全日本チームが優勝した世界野球選手権大会(WBC)と今北京五輪の違いはイチローという(のような)リーダーの存在の有無が一番だと思う。
イチローの野球に一瞬たりとも妥協を許さない姿勢とプレーは、星野の檄などとは比べものにならない絶大な威力がある。
他の選手達に選手としての尊敬と有言無言のうちにも伝わってくるピリピリ感は、チームプレーにおいては絶対不可欠なものだと思う。
おそらく、そのピリピリ感が北京五輪にあれば、あんなエラーも出なかったし、星野の采配さえも違ったものになっていたと思う。

サラリーマンの世界でもそういうものは必要なものだ。
サラリーマンしたことのある人なら分かると思うが、あんな世界でも有言無言の統制は不可欠なもんやと思う。

相場の世界では、誰もそういう統制はしてくれん。
自分自身がトレードする自分を統制して、励まして、いつもいい緊張感を持ち続けんと・・・必ず負けてしまう。
これも間違ってないと思う。

いじょ、また、くだらんひとりごとですたぁ~。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
10.トレンドを知る(理論編その1)の続き・・・

8)損失の始まり
が、しかし、人は自分の主観に対しては、なかなか自信が持てないものであり、しばしば迷いが出るものである。
その結果、なかなか判断がつかずにトレンドを見過ごしてしまう、あるいはトレンドの存在が分かったときには既に相場は高値圏にあるため、トレンドに乗ることができない。
これらは、市場参加者の心理としてよく分かることだと思う。

では、なぜ、そのような事態に陥るのかといえば・・・それは気持ちが保守的になるからだ。
多くの人は、主観は間違いのもとのように思い込みがちである。
他人の意見に耳を貸さないのは愚の骨頂とか、独りよがりは過ちのもととか、そういった考え方が植え付けられているからだろう。
社会性を大事にするカルチャーの中なら、それは当然だろう。
しかし、ことトレードの中では、その社会性がかえって損失のもとになるのである。
どうやったら群集の中から頭一つ上に出て、自分だけが儲けられるかというのがトレードの世界だ。

ただ、なかなかそこまでは心の中で割り切れないものである。
”保守的に行こう”あるいは”手堅く行こう”という態度は、いかにも安全指向に見えるが、実はそうなればそうなるほど損失に近づいているのである。

具体的には、安全第一のトレードをしようと考えている人は、確実を求めてトレンドの発見も遅くなりがちになる。
そこでは、「上昇トレンドは出ているように見えるけど・・・」と思いながらも、
①株価を見ているだけ
②株価が安くなったら買おうとして買わない
③株価が一旦下がると見込んで空売りしてみる
となりやすい。
まず、③は上昇トレンドの中での押しでの空売りはスキャルピングならともかく、基本的には論外である。
また、①も②も本当に何もしなければ安全だが、トレーダーの心理はなかなかそうはいかない。
いつまでたっても上昇が終わらない場合、しびれを切らして・・・最後の最後になって、あと少しは伸びるだろうと飛び乗るが、その時が大天井で後は下落トレンド入り・・・というケースもよくある。


9)安全指向のジレンマ
皮肉なことに、手堅く安全に行こうとしている人が咎められる。
しかし、それが相場だ。
いや、相場に限らず、勝ち負けが伴う世界では必ず起きることなのだ。

ボクシングで相手のパンチを受けるのを怖がっていたら、パンチを出すことはできない。
逆に相手の攻撃に押し込まれるだけで、そうなって慌ててパンチを出すと・・・カウンターで一発KO。
実は「安全」を求めているのではなく「安易」を求めて、リスクを取らないことのしっぺ返しを受けることになる。


10)リスクに向き合えば勝てる
株式市場に参加すればリスクは避けられない。
それなら、そしてそれでも株式のトレードをしようとするならば、リスクに向き合う姿勢が大切だ。
そうすることでまず、勝てるトレードの本質が見えてくる。
すなわち、背負い込むリスクよりも、儲かったときの利益が大きくなる方法を見つけられればいいということだ。

では、その手法は具体的に何かといえば、それこそがトレンドに乗るということだ。
まさか違った方向に動いた場合は、損失確定のポイントを決めておけば・・・つまり、取るべきリスクが得られるかもしれない利益よりも少ないトレードならば、これはやってみる価値のあるトレードなのである。

そこで問題となるのがトレンドの判定基準である。
が、動いている相場の中で、誰もが太鼓判を押してくれるような客観的基準などない。
ポイントは自分自身がブレない基準を作り上げることしかない。
0%か100%かではなく、60%以上なら試してみる態度が必要である。

補足だが、そもそもトレンド判定から個人の判断や感性を排除することはできない。
よく、プロスペクト理論として、A:確実に手に入る80万円 B:85%の確率で手に入る100万円という2択問題が出くるが、実際の相場の中ではそんな問題は絶対に出てこないし、誰も”このケースの確率は85%ですよ”なんかは言ってくれない。
自分自身で40%なのか60%なのかを判断しなくてはならない。

では、どうしたらそれが40%なのか60%なのかが判断できるようになるのか?
それは、チャートに自分なりの的確なトレンドラインが引けるようになるか?と同じだと思う。
これもある程度以上は直感に頼らざるを得ない。
では、その直感はどうしたら養えるのか?

昔、数学の図形の問題を解くとき補助線を1本引くと、難しい図形も見事に単純な三角形の面積問題になった。
よくできる人に、どうしてそんなに簡単に補助線が引けるのか?と聞いたら・・・

・・・それは・・・たくさん問題を解くことだと言われた。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
自分でも分かってはいたけど・・・後場は前場よりももっと難しかった。
もう、今の自分には手も足も出ません。
というか、ある程度のリスクを取ってでも参戦するサインが出ない、出てももうその時はそのトレンドは終わろうとしてる。
実力以上のトレードはやってもいいことにならんことは、自分でもよう分かってるから。
ま、言い換えれば、自分のトレードが未熟ということやね。

デイをやってる者としては情けないとも思うけど・・・損するよりはマシということにしときま~しゅ。

はい、そんなんで特に言うことありませんな。
星野ジャパンとおんなじやね。

では、今日はこのエンディングにしとこ。
国府弘子(with 赤木りえ) いつか王子様が
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
そう、どうも噛みあいが悪い。
ま、見てる銘柄も悪いんやろうけど・・・
こういうジリ安相場が続くと、瓜在庫でもしとかんと値幅が取れんな。
それどころか、デイで参戦するにはかなりのリスクを感じる。
が、今から瓜採り在庫ではそれもリスクが高いような気もする。

まあ、のんびり行くとするかぁ。

で、前場のトレードは・・・
①8604飲むら:瓜@1416⇒食@1407。
②9104妾銭貢いだ:瓜@1252⇒食@1250。
③8002丸々紅豚:貝@684⇒食@685。

ぼちぼちなんは①くらいなもんやね。
また下げそうなところを瓜採りした。
②はジグザグするし・・・もっとすんなり下げるかと思ったが・・・
③は唯一貝拾いできそうな商社なんで、切り返すと思って拾ったけれど・・・逆行し始めたんでLC覚悟で1T上に置いて様子見してたら、かろうじてヒットしてくれた。

後場も期待でけんなぁ~と思うけど・・・
そうそう、今晩、バー南紀で飲み会を兼ねた講演会があるらしい。
ここで、悪酔いせんかったら、一時的なら前向きな行動があるかも知らんな。
ポール損の出番はまだみたいやけど・・・こやつはいつも土曜か日曜が得意やから・・・?

いずれにしても、日本株は完全に下を向いとりますなぁ~
はい、では気ぃつけて行きましょか。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
・・・とあっちを向こうもんならビンタを喰らわされそうやし、逆らって反対を向いてもその反対へ行かれそうやし・・・後場も全然やる気なし。
そらそうやね、ボリュームも活気もないから・・・方向感も出んわね。

ま、こいう相場は、トレード技術の上手い人や胆力のある人に任せておきやす。
もう少し、素直な相場の時に参加させてもらいます。
そんなん、もう来んかも知らんなぁ~

日経平均のチャートを見ても、この1ヶ月くらいは¥12700~13500の間をウロウロしてる。
が、今はその下限に来たような感じやね。
ここで、もう1回撥ね返すのか?はたまた下へ抜けてしまうのか?興味あるねぇ~

ま、それもNY次第やけど・・・NYもファンダでは全然よろしくない。
放っといたら、ダウ$11000割れの確率も相当出てきたような気もする。

さて、ここで、いっつも登場するのが・・・ほら、「指パッチン」のポール牧?じゃなくて、「はったりカマシ」のポール損。
ここらで、一発かましとかんと・・・と思ってるんちゃうかな?
ま、それがなかったら、ズル下がりか?それともスベリ落ちかな?

が、ポール損の「はったりカマシ」があったとしても、いずれ方向は下向きしかないよな。

そんなんなら、いっそのこと早めに、ガラガラと音を立てて崩れてしまった方がスッキリ感が出るよな。
ごめんね、買い持ちしてる人にはひどいことを言って・・・

ま、身勝手な予想と戯言なんで。

はい、それでは再び”ああ くずれてしまえ”の登場です。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
前場はノートレやった。

ちと用事ができたんで、これからちと出かける。

後場には間に合うと思うけど・・・
ま、これやったら、間に合わんでも関係なさそうやな。

では、後場また。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
と、言っても、最初の方は五輪のソフトボールを一生懸命見てたんで・・・
けど、惜しかったな・・・8回裏の攻撃は。
ありゃあベンチのミスやね。
「高い玉はストライク取られても構わんから手を出さない」くらいの指示を出してやれば違ってたと思う。
ま、後からなら何でも言えるけど・・・その懸念は最初からずっとあった。
しかし、まだ優勝のチャンスがないとは言えないんで、次の試合は是非頑張って欲しい。

そんなんで、相場にはほとんど乗れてまへん。
ま、真剣に見てたときもあったけど・・・
方向感が定まらん、というか、自分が方向音痴名だけかも知らんね、きっとそうやね。

おいおい、今見たら、上海指数は7.45%の上げやって。
五輪が終わりに近づいたんでやろうね?・・・中国政府のてこ入れが入るかどうか知らんけど・・・
政府も人民もやることが急で極端なんやわ、あそこはいっつも。
ま、国民性やね。
恐ろしいところやわぁ~。
と、言う日本人は・・・いっつも、ほとんど冷めてる。
男は「めくり番長」、女は「薔薇と椿」くらいには熱中せんとね。(知る人ぞ知る、知らん人はもちろん知らん、おいらも昨日まで知らんかった。)
これ、朝、トレードに備えてマウス操作のウォーミングアップを始めたよ。
つい、熱中して場が始まる直前までやらんようにしようっと。

はい、話が逸れたけど、そんなんで後場のトレードは・・・
やってないと思うでしょ?
それが、もう習性なんか意地なんか、よう分からんけど・・・ちょこっと5分ほどね。
8411みずほん:瓜@467000⇒食@465000。
終盤のやや下げチャンスをさっと瓜採りして、すぐ指して、その場で剥いて食べた感じやね。
ま、これでも二人でファミレスメシくらいは食べれるよ。

どっちにしても明日くらいからは、もう少し分かりやすい相場になって欲しいね。

では、方向音痴のおいらとあなたに・・・
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
あかん。
目移りして・・・シグナル見落とした。

今日も難しい相場になるな、とは思ってたけど・・・
それでも、上げたところを瓜採りする戦略やった。

いろいろ見てたら、あれもこれも候補が出てきて・・・
瓜採りしてしまうまで、2つくらいの銘柄に絞って見ればいいものを・・・
3銘柄ほど絶好のチャンスが交互に来たけど・・・ちょうどそのタイミングを違う銘柄を交互に見てた。

はい、そんなんで、前場のトレードは・・・
ありやせん。

後場はもっと難しそうやし、ソフトボールも見んとあかんので、トレードはどうかな?
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
ほとんど、な~んもすることはなかった。
元々貝拾いするつもりはなかったから、無理もないけど・・・
それにしてもデイにはやりにくい相場が続くなぁ~
NYの下げにしても上げにしても、大幅なのは困るわ。
そうそう、NYが日替わりで大幅上げ下げするのは、ドッカ~ンの前兆やという人がおったなぁ・・・もちあっちのアナリストの言うことやから信用はでけんけど・・・ま、ちと頭に入れてた方がええかもね?

で、後場のトレードは・・・
2503麒麟さん:貝@1580⇒食@1582。
ウワッハッハッハ・・・やるでしょう?
2枚で手数料引いて・・・けど、ビールなら飲めるかな?

貝拾いはせんつもりやったけど・・・
普通なら、いかにも上げ戻しそうな格好してたから・・・つい、ちょっかい出してもうた。
が、やっぱり普通とは違うな、今日は。
全然伸びん。
ま、こんな、しょうもないトレードの解説しても、なんもならんな。

ハイハイ、で、今日のエンディングはちょっかいではなくCherokeeでやんす。
Clifford Brown & Max Roach Quintet / Cherokee
元々は「可愛いインディアンの乙女よ きみを初めて見たときから忘れられない・・・」といったバラードやったそうな。JAZZでは普通アップテンポで演奏される。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
バロンズもやってくれますなぁ~
昨日まではTKも底堅く上を見るような雰囲気もあったけど、米投資情報紙バロンズが「米政府が米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)と米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)に対して資金を注入する可能性が高まっている」と報じたことで、NYもTKも冷や水を頭からどっとかけられた感じやね。
これやから在庫は持てんよね。

はい、そんなんで、今日は瓜目線しかないけど・・・銘柄選択も結構苦労する。
下げてスタートしてもさらに下げる銘柄はそんなにはないから、瓜採り銘柄でそんなに下げて寄りそうにないものに限定してトレードせんと、下手をすると麦踏みおばちゃんに嘲笑されるから。

で、前場のトレードは・・・
①8309チュウを三っちゅ:瓜@593⇒食@580。
②6770あるぷちゅ:瓜@1020⇒食@1012。

本日限定販売の瓜はこれだけ。
①は今朝アーバン関連で見つけて寄り気配を見て久しぶりの寄り成り瓜採りをした。
もっと下げるかと思ったけど、地合的にもこの辺りかな?と思ったところで食べた。
②は昨日から注目していた。
昨日は全体が上げて行ったんで、天井でも瓜採りして在庫にする勇気はなかった。
今日も、まずは様子見して急下げして戻したところを瓜採りした。
ちょっと尻尾は大きかったけど・・・な~んかいやらしい動きをするんで、こっちが昇天する前に早めに食べといた。

ということで、後は他の銘柄も一応の動きは済んでるし・・・で、もう眺めるしか手はなかった。
今日は貝掘り熊手は持ってないし・・・瓜採り鋏じゃあ貝掘りはでけんもんね。

後場はどうなんかな?
バロンズのレポートの件もに日本企業への直接的・具体的な影響はどうなんかな?
こういう時、具体的にすぐ評論するのが本当のアナリストやと思うんやけど・・・今朝は誰も言うてなかったなぁ~・・・詰まるところ、奴等もよう分からんということやな、たぶんそんなもんや。

というわけで、後場は様子見かな?
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
後場はやや貝目線で星野ジャパンと高校野球見てた。
星野はあの韓国戦の采配ミスが悔やまれるけど、今日は何とか踏ん張ったみたいやね。
高校野球は優勝戦にありがちなワンサイドゲームやったし・・・

相場の方は後場からは方向感に欠ける展開やったな。
もうひと伸びするかと思ってたけど・・・

そんなんで、後場は前場の在庫を食べただけで早めに終わった。
で、後場のトレードは・・・
2503麒麟:前場貝@1570⇒食@1611。
も少し上に行くと思ってたから、後場始めの下げもなんとか我慢して粘ったけど、高値を3回トライして撥ね返されたんで、もう今日の元気は残ってないと判断して、急いで食べさせてもらった。

後は、な~んかないかな?と見てはいてたけど・・・コレ!というチャンスは見つけられんかった。
というわけで、前場も合わせて2往復トレードしかでけんかったな。
ま、こういう日はじっとしてた方が身の為かも知らん。


けど、大引けまで結構な底堅さと今週は少しは上にいくかな?という気配を感じたな。
超短期でも上げてもいい頃だと思うけど・・・
ま、予断は禁物やけどね。

そんなんで、今日はこれといったエンディングテーマはありやせん。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
いろいろ貝拾いはでけんかった。

先週末のTKの終わり方から、今週は上げるように感じてた。
その晩のNYもダウは小幅ではあるけれど上げていたので、その思いに自信を持ってはいたが・・・
日経先物が下げて帰ってきてるし・・・?
今日のTKも安く寄るし・・・日本のファンダ的な見方がそうさせたのかも知らんな?

で、当然、最初は様子見してたけど、元々貝目線での銘柄も一応選定してたから、上昇トレンドを確認して貝拾いした。

で、前場のトレードは・・・
①2503麒麟:貝@1570。
②8411みずほん:貝@468000⇒食@476000。

①は何といっても猛暑の再評価で、②はそろそろ買いが入る頃だと思ってた。
①も②も拾ってから下に振られたけど、少し我慢して待ったら上げて行った。
①は今のところ順調なんで、まだ食べてない。
②はダマシ?にあってつい食べてもうた。

全体的なこの上げだと、もう少し銘柄を多く拾えばよかったんやろうけど・・・最初の下げとまだ上昇に自信がないんで、それほど積極的には参戦できんかったな。

後場は・・・う~ん、こういう日は意外と後場も伸びるパターンも多いとは思うけど・・・どうかな?
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
(1)トレンドを知る

1)トレンドがすべて
トレードには様々な方法があるが、トレンドを重視する方法は時代の変化に流されず、最も普遍的な考え方といえる。

2)トレンドの力
トレンド分析の目的は単純で、要は、相場の方向を見つけようということである。
なぜ、これが大事かといえば、相場の方向が分かれば、儲けることが易しくなるからだ。
相場が上に向かっているならば買えばいいし、相場が下に向かっているなら売ればいい。
そうすれば、買いはより高く売れるし、売りはより安く買い戻せる。
その結果は当然、儲かることになる。
それに加えて、トレンドは株価をもっと遠いところに持って行ってくれることがある。
デイでは無理にしても、株価が100円であっても上昇トレンドがあれば1000円になるなることもあり、一方、1万円もする株でも下落トレンドがでれば1000円にだってなる。
このトレンドの力を味方につけない手はない。

3)トレンドに乗る
「トレンドに乗ろう」「トレンドを友達にしよう」という言葉はよく聞かれ、逆に「トレンドに逆らうな」という言葉もしばしば聞かれる。
順風に乗る、いわゆる順張りが短期売買、特にデイでは大原則である。
高くなってるところを買って、更に高く売る。
安くなってるところを売って、更に安く買い戻す。
これがトレンドに乗るということであり、順張りということである。

4)トレンドに逆らう
いわゆる逆張りでる。
例えば下落トレンドの中で、下げ過ぎの戻りを目論んで買いを入れることなどいう。
下落トレンドの中でも、空売りそのものを怖がってしないで、こういう買いを入れる人がいるが、ごく普通の個人投資家ではそれは空売りよりもリスクがある。
特別な人(検討し尽されたデータと胆力を持ち合わせた人)を除いては、失敗する確率が高い。

5)トレンド分析の実際
例えば、何をもって上昇トレンドというのか?
風が吹いている方向に例えれば、今は東向きでも一時間後には西向きに変わっていることもある。
これではどっち向きのトレンドとは言えないし、株価でも同様のことが言える。
結論的には「トレンドとは、特定の方向に一定時間以上向かう株価のことである。」
では、この特定の方向とはそういうことなのか?
また、一定時間とはどの程度の長さなのか?

6)特定の方向とは(上に向かうとは)
上に向かう典型的な場合でいうと、例えば日足で見て、今日の高値が昨日の高値よりも高いということが第一条件である。
が、これだけでは上に向かってると言うには不足だ。
もう1つ大事なことは、昨日の安値よりも今日の安値の方が高いということである。
この2つ、すなわち「相場が上に向かってるというためには、今日の高値が昨日の高値よりも高く、そして、今日の安値も昨日の安値よりも高いことが必要である。」

7)一定時間とは
6)の例では昨日と今日の相対的な関係でしかない。
明日上値も下値も切り下げたらどちらの方向かまた分からなくなってしまう。
が、もし、明日も今日より上値も下値も切り上げたらどうだろう。
これは最短時間ではあるけれど、トレンドと言えるのではないだろうか。
そう、少なくても3つのデータは必要である。
すなわち、ある方向に少なくとも2回は進むことが、トレンドというためには必要だ。

では、3つのデータで十分かどうか?
もちろん多いに越したことはない。
が、その代わり、多ければ多いほど、そのトレンドが終息に近づくことになる。
この十分かどうかは、それはチャートを見る人、その人が自分で決めなければならない。
そう、その客観的な基準はない。
その人の利益とリスクの取り方と、その人のトレードスタイルによって決めるべきものである。
つまり、自分自身の主観で基準を決めて実行しなければならない。

-----------------------------------------------------------------------------

今回の本題は以上やけど、要らんひとりごとを思うままにちょっとだけ・・・

上記本題の 2)トレンドの力 でも触れたけど、トレンドが本当の力を発揮した時のすごさは筆舌に尽くしがたいと思う。
昔のヤフーや数年前の新興市場銘柄はその代表例だと思うけど、東証一部の新日鉄でもそういうことはあった。

自分はライブドアショック以前はスウィング中心にやってたから、新興市場でも結構稼がせてもらった経験はあるけれど、そういう究極のトレンドを目一杯享受したことはない。
やっぱり目一杯となると、特別な人(検討し尽されたデータと胆力を持ち合わせた人)でないと無理だと思う・・・特に胆力が一番効くと思う。

自分はライブドアショック直後に全部損切りして、そして、デイトレードに転向した。
その時は結構辛かった。
ライブドアも少しやけど持ってた・・・2~3日S安で売れんかったような記憶がある。
最初に売れたのは、確か比例配分で1株だけ・・・300円くらいか200円くらいか、もうよう憶えとらんけど。

けど、その後は新興市場はもちろん東証一部だってどんどん下がって行ったし・・・あの時の全部損切りは・・・本当に正解だったと今更ながら思ってる。
・・・そして、デイに転向したことも。

が、しかし、である。
トレードの本当の醍醐味は長短期使い分けたスウィングだと今でも思ってる。
あのトレンドの力に乗せてもらってる気分は本当に超気持ちいいし、稼ぎもすっげえでっけえ・・・何倍にだってなることもある。
ただ、それをまぐれではなく、繰り返しできるのは普通の人では無理だとも思ってる。

あの、ジェイコム事件で一躍有名になったB.F.N氏の例は特別すぎるとは思うけど・・・あの60万株1円の誤発注も、当時評論家たちはおかしいのはすぐ分かったはずだと言っていたが、売り板が1円になってるとでも思ったのだろうか?
そんなはずはない、S安の50数万円?にでもなっていたはず。
普通の人がそれを見て、彼の資産比率と同様の株数を、即刻それに買い注文を出せるやろうか?
少なくとも、自分にはできないと思った・・・1株でもちょっと躊躇するやろうな・・・と。

くどくど何を言いたいのか?と言われそうやけど・・・
言いたいことは、スィングでそれなりの醍醐味と利益を味わおうと思うと、それなりのというか、人並み以上の胆力が要るということやな。
トレンドに勝手に乗せられてる分にはいいけれど、自分から乗るということはそう簡単やないということですわ。

で、自分はごく普通の人やから・・・デイですわ。

はい、以上、またくだらんひとりごとでやんした。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
前回空売りについて書いたけど・・・
空売りを怖がる人は「株価の下落はゼロまで上昇は青天井」と言うのがあったけど、青天井いうのはどのくらいを想定して言うてるのかよう分からんけど・・・下落も激しいのがあるよな、言うなら地獄沼みたいなんが。
先日、民事再生法適用申請したアーバンなんかその代表例やね。
去年の10月には¥2000してた株価が昨日は¥6やって。
これを地獄沼と言わずして何と言う?
ま、こういうのをずぅ~っと買い持ちしてる人はそうはおらんやろうけど・・・
ここまではひどくなくても、こういうパターンにはまってる人から空売りは怖いと言われたくないね。

はい、以上、またくだらんひとりごとでやんした。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
意外と底堅いなぁ~
何かに期待してるんやろうか?
それともお盆明けから転換点になるの?
・・・という理由探しはしない。
ただ、淡々と日々トレンドを見極めるだけ。
てな『』いいことを言うは予想。

で、そのチャンスというのは後場始めの元気上げ。
上げパターンにはまりそうな2銘柄見つけたんで、確認して貝拾いした。
後の0.5回はもう一度上げそうだったんで、今度は1銘柄だけにして貝拾いした。
これは結果成功とは言えんトレードになった。

で、後場のトレードは・・・
①9104妾銭貢いだ:貝@1317⇒食@1324。
②8604飲むら:貝@1496⇒食@1502。
          貝@1502⇒食@1503。

①も②も1回目のトレードは気持ちよかったな。
値幅はそれほどでもないけど・・・パターンにはまって上げて行くのは見てても超気持ちいい。
が、反省点もある・・・それは、②の上値を読み違えたこと、というか決め付けたこと。
後の0.5回は①か②かどっちにしようかと迷った結果、②にしてしまった。
それは別に間違いやなかったけど・・・今度はあんまりにもジグザグでゆっくりで、今にも急下げもありそうやったんで、いつでも損食できるようにしながら、やっと買値を超えたんで1T上に置いてたのを引き上げようと思った途端、急に売り板全部をパクッと喰われてもうた。
で、ジ・エンド・・・ボクの短い夏は終わった。

ところで、大引けの終わり方は、なんか来週月曜日には上げる雰囲気を感じさせるフィニッシュやったな・・・と思う。
・・・貝在庫するほどの自信はないけど。
ま、そういう週末もあっていいではないかぁ~?

では、今日のエンディングは・・・これかな?
チャンスにちなんで・・・Ally and Larry : Chances are
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
本当にやりにくい相場が続くなぁ~
自分にはなかなか獲れそうにない動きやなぁ。

NYが反発してもTKにはそんなに期待はしてなかったけど、やっぱり上げても戻ってきてるな。
これだと、後場は続落レベルまで下がる確率も結構ありうるんやない?

今日はそんなに先読みせずに自然体で行こうとは思ってたけどね。
ま、平凡なトレードに終わってしまった。

で、前場のトレードは・・・
①6674You are Sir:貝@526⇒食@530。
②8804東京ケン物:瓜@473⇒食@470。
③9104妾銭貢いだ:貝@1325⇒食@1319。(損食)

実は①も②も寄り付いたところで注文を出していたやつがヒットした。
①は読み通りというか、急落してきたために拾えてしまった。
ここは折角の底値で拾えたんで、欲を出さず早めに食べた。
②も気付かんうちに(①を見ていて)瓜採りしてた。
気付いたときはもう上げてきてたんですぐ食べにかかったけど、2Tほど指し負けた。
③は唯一自分でこれはしっかり貝拾いのパターンに入ったと思ったやつなのに・・・
これは10時前の出来事でチャート的には問題なかったんやけどな。
急落して、おまけに安値付近で食べてもうた。
その後戻してきた・・・けど、また、もっと下げた。
ま、これはしようがない。最近の高値警戒感がでたんやろう。
トータルでは少しやけどプラスにはなってくれた。

後場はもう期待でけんような気がする。
まあ、上げはないんちゃうかな?
ん?そういう先読みはいかんいかん。
チャンスがあったら頑張ろう。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
やっぱり弱いな・・・朝方の元気はどこへやら。
ついに¥13000割れてもうた。
もう壊れる寸前まできた。

それでも、前場でかなり下げてたんで、後場は強そうな銘柄だけに絞って貝目線で臨んだ。
もう地合なんかはほとんど関係ない。
銘柄ごとに上げるか下げるかの勝負だぁ~

で、後場のトレードは・・・
①5401鉄っちゃん:前場瓜@534⇒食@525。
             貝@526⇒食@530。
②6674You are Sir:貝@525⇒食@530。
              貝@526⇒食@531。

ということで、強いものは強いということですな。
ま、それもいつまで続くかは?やけどね。
①は後場早々に在庫を食べて、すぐ貝拾いした。
モミモミしてきたところで早めにそれも食べやした。
②はいかにも我が道を行くという感じなんで、抜けそうなところを拾ってキリのいいとこで待ってたら、もっと上まで行ってもうた。
2回目も少し時間をおいて、また上げる充電をしたようなんで拾って前の高値の手前で待ってた。


はい、そんなんで、明日はまたNYの結果をみて、TKが始まってからのことですな。
上げても下げても明日は来る。

で、今日のエンディングはちと古いけどいわゆるモダンジャズらしいのを・・・
Sonny Clark Quintet - Blue Minor
        
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
昨日の失敗を生かして・・・というか、今までの自分に戻ってトレードしていくことにした。
トレンドを読むとか乗るとかは、たぶん今の自分にはちょっと無理と判断した。
自分の目線と合ったチャンスが来た時だけ、トレードしていくことにした。
もし、それが間違った目線だと気付いたら、その時損切りしたらいいと。

で、昨夜のNYダウも大きく続落したけど、TKは安く寄るようやったら上げて行く可能性も結構あると思い、しかし、あくまで瓜目線で・・・
ということは、上値まで待って下げトレンドを確認したら瓜採りしようと決めた。

で、前場のトレードは・・・
①5401鉄っちゃん:瓜@527⇒食@531。(損食)
             瓜@534。
②8601大は小を兼:瓜@864⇒食@867。(損食)
③8411みずほん:瓜@469000⇒食@462000。

①の最初のは下げると判断したのが早かったようやな。損食せないかんことになった。
が2回目は十分見て瓜採りした。まだ食べてない。
②は最初すぐ下げていったんで、慌てて採ったら反発された。
これはすぐ下げてくると思ったたけど・・・ジグザグしながら上げて行った・・・もう損食が間に合わないところまで。
言ってることとやってることが違うな、すぐ損食せんといかんかった、本当は。
が、後になって幸いにも下げて来てくれたんで、近くなったところで今度は食べた。
で、もう一つ間違いがある。下げ始めたところでなぜ追加の瓜採りをせないかんかった。
が、やっぱり先に損食できてないから・・・やっぱり動揺してたんやと思う・・・恥の上塗りみたいになったらいかんと。
③も最初はびっくりしたな。どんどん上げていくもんね。
けど、自分なりに下げトレンド確認して、勇気を出して瓜採りした。
これは前場の終盤に食べてもうた。

今のところは(まだ確定してないけど)2勝2敗やけど、まずまずと思う。
失敗を恐れず、失敗したらすぐ損切りして出直すように頑張っていこうと思う。
たまに、損切りが遅れることがあるのが・・・どうもね・・・損は大きくならんようにせんといかん。

北島が200mも金メダル取ったね。世界新ではなかったのは残念やったけど。
しかし、スゴイ精神力で頑張ってきたんやと思う。
少しくらいは見習わないかんな。

これで後場上がる?
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
やるねぇ~・・・というか若いねぇ~
負けず嫌いなのは分かってたけど・・・

ま、その話しは後にして・・・
後場はもう、浜に行っていいのか?畑に行っていいのか?さっぱり分からんかったな。
日経¥13000の攻防になったら、やや貝目線で見てたけど・・・特徴がつかめん。

上に下にと小刻みに動かれるし、片や急に下に動いたと思ったら、すぐ上げそうになるはずなのにまた下げるとか・・・もう、そういう若い動きににはようついていかん・・・と思ったらまた手を出したくなって・・・
ホンマ、ようやる、考えとることは意外と若いやんか、と我ながら思ってしまう。

では、後場のトレードは・・・
5301倒壊母坊:貝@1063⇒食@1060。
           貝@1060⇒食@1058。

ん?これ前場で浮気したやつとちゃうん?
分かったぁ?面目ない。
まあ、性懲りもなく、ようやるわ!
男ってしょうがない動物やわ・・・と言われそう。
それにしても、またお願いするなんざぁ、若いねぇ~
うん、自分でもそう思う。

しかし、後からチャート見てよう考えてみたら、あんなとこで挑戦しにいく場面やないよな。
そやから、すぐ終わってしまうんやないの。
で、終わったあと、最後ずっと上げて行って行ってしぃまったぁ~

全然反省しとらん。
心に誓ったんやないの?
はい、明日からはちゃ~んとその誓い守ります。

もう、今日はそう~っとしておいて欲しい。(ウソ、冗談よ、これ)

今日のエンディングはこれかな?
そんなええもんやないのは分かってる。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。