「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
「一目均衡表」は日本人が生み出したこともあって、日本人投資家の間で大変人気の高いチャートだ。

「一目均衡表」は、相場の方向性や転換点を株価という観点だけではなく、時間(日数=日柄)という観点からも探り出そうとする指標だ。

また、他のテクニカル指標ではあまり使われない「9日」や「26日」といった計算日数が使われているのも特徴だ。

(1)基準線

『基準線の方向(上向き、下向き)が相場の方向性を示す』もっとも基本的なラインだ。上昇初期のトレンドが転換した初期には「基準線」が下値抵抗ラインの目処になると言われる。

算出:過去26日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの。

(2)転換線 

「基準線」と同様に下値抵抗ラインの目処として使うことができる。上昇トレンドが強くなっているときには株価が下げた場合にも「基準線」までは下落せずに「転換線」まで下落して反転することが多くなると言われる。

算出:過去9日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの。

(3)先行スパン1、先行スパン2

これまでの動きから、将来“抵抗ライン”として機能しそうな株価を表示する。「先行スパン1」と、「先行スパン2」に挟まれた部分が「雲」といわれ、抵抗ラインとして使われる。(「雲」に関しては後述)

算出:
先行スパン1→「基準線」と「転換線」を足して2で割ったもの。 先行スパン2→"過去52日間の最高値"と"過去52日間の最安値"を足して2で割ったもの。

先行スパン1、2共に、それぞれの値を26日先に(先行して)表示される。

(4)遅行スパン

現在の株価と、遅行スパンの位置を見て(26日前の株価より高いのか、低いのかを見て)相場のトレンドを探るために使われる。

算出:当日の終値を当日を含めて26日前に(遅行させて)表示されている。

「雲」の見方
「一目均衡表」にはいくつものラインがありますが、もっともわかりやすいのが「雲」を使った抵抗ラインの見方だ。

◆現在の株価と、雲の位置関係から「雲」を抵抗ラインとして使う
現在の株価よりも下に「雲」があれば、「雲」の出ている価格帯付近を抵抗ラインの 1つとして判断材料にすることができる。

◆雲の色の変化をトレンド転換として使う
「一目均衡表」を表示させてみると「雲」には薄いグレーと、濃いグレーの2つがあるが、この、「雲」の色が変わるときをトレンドの転換点として見ることができる。

濃いグレーの「雲」を株価が突き抜けて上昇したときには、下落から上昇トレンドに転換したと見られることが多く、薄いグレーの「雲」を株価が突き抜けて下落したときは、上昇から下落トレンドに転換したと見られることが多いようだ。

◆雲の厚さ
「雲」の厚さは「抵抗ライン」としての強さを表す。

「一目均衡表」を使った転換点の探し方
「一目均衡表」を使って、相場のトレンドが下落から上昇、上昇から下落などにトレンド転換するところを探すときに見るポイントがある。

下落から上昇に転じるのを【好転】、上昇から下落に転じるのを【逆転】として、下に3つ紹介する。

◆「現在の株価」と「雲」の位置関係
【好転】株価が雲を上回っている
【逆転】株価が雲を下回っている

◆「転換線」と「基準線」の関係
【好転】転換線が基準線を上回ってる
【逆転】転換線が基準線を下回ってる

◆「遅行スパン」と「26日前の株価」の位置関係
【好転】遅行スパンが26日前の株価を上回っている
【逆転】遅行スパンが26日前の株価を下回っている

ポイントを3つ挙げたが、3つの条件(役)の中で3つ全て「好転」となれば、「三役好転」言われる、強い買いのポイントとして判断できる。同じように、3つ全て「逆転」を満たせば「三役逆転」となり、強い売りのポイントとして判断できる。

「一目均衡表」は「視覚的にトレンドの判定や抵抗ラインの位置を把握できる」として多くの投資家に好まれて使われているため当たりやすいという人もいる。

しかし、実際に売買の判断に用いるときには、「一目均衡表」だけですべての売買を判断するのではなく、チャートをチェックして現在の株価は割高な水準になっていないか?、他の抵抗ライン(押し目率、価格帯別出来高、移動平均線など)との複合チェックで「抵抗ライン」の強さはどうか?といった「複合チェック」は必ず行なうようにしよう。

チェック項目が増え、同じ位の株価水準に複数の「抵抗ライン」が集まっているようであれあば、その「抵抗ライン」は、上げ止まり、下げ止まりとなる可能性の高い、“強い抵抗ライン”と考えることができる。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/138-4ac47c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。