「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
本当は「今週の相場予想」というようなタイトルで書こうかと思ってたが・・・
もう予想なんか書けませんし、その前にちぃ~っとも分かりません。

なら、N225の¥378高の意味なんかも分からんやろ?と言われそうですが・・・
そう、それも今は分かりません。
が、明日月曜日か火曜日にはおそらく分かってくるんだと思う。
だから、考えてみる価値はあると思う・・・
今後の経験則とするために。

N225は4/10まで3日続落、外資系寄り前動向もその3日は売り越しだったが4/11は買い越しに転じた。
それも買いはやや減少したが、売りが半減したからの買い越しだった。
寄り前売りが半減したということ・・・つまりは売り方の買戻しの兆候か?と気づくべきやったな。

当日のN225の日中足チャートを見ても、9:30過ぎから10:00までは若干の押し目をつけたが、それ以外はほぼ順調に上げていっている。
おいらんが見ていた銘柄は前場までは冴えなかったし、N225とはちと違う動きをしていたように思う。

注目すべき問題は後場やったな。
その日の日記にも書いたけど、代表的なんはみずほんと目潰し恥所やった。

みずほんについては「三菱UFJ(8306)や三井住友FG(8316)買ってみずほFGを売っていたヘッジファンドが、業績見通し発表をきっかけに反対売買を進めている」というネット記事があったが、いわゆる悪材料出尽くしということになるうやろうけど、この傾向が本当に続くのだろうか?と思ってしまう。

目潰し恥所については特に当日のネット記事は見当たらなかったが、前日は「大手不動産株が安い オフィス空室率上昇が重し」ということで4%下落していたし・・・信用倍率が0.21ということで先物のちょっとしたきっかけで買戻しが始まったんだろうと思う。
だから、これも本当に続くのだろうか?とも思う。

どちらも、今週の株価動向は注目して見てみたい。
おいらんは、そんなに簡単にはまだ上昇には向かわないんでは?と疑心暗鬼煮になってしまう。


それと、大引け後に気づいたけど・・・小売が大幅上昇してた。
7&iが11%超、ダイエーが13%超の上昇だった。
前者は大量自社株買い、後者は来期増益見込みの発表を受けて買われたようだ。

小売いうて、そんなによくなるんかなぁ~
まあ、百貨店よりはスーパーやコンビニかな?とは思うけど・・・


で、一体何が言いたいんか?というと・・・
おいらんはちょっとした材料やきっかけで動かざるを得ない機関投資家が、たまたま買いに向かったんじゃあないんか?と思う。
おいらん等個人投資家は休むことは何の抵抗もないが(いや、それでも本当はあるが)、機関投資家は極端に言えば買うか売るしかないから・・・
たまたま4/11日本市場時間まではNY相場も円も少しの楽観的落着きを見せていたし、N225も3日続落してたし、当日のアジア株はどれも堅調だったし、買いに向かう条件は揃っていたのだろう。

ということは、言い換えれば「そういう条件を繊細に感じてデイチャンスを生かすようなトレードが出来る日だった」ということかな?


案の定、4/11のNYは予想を下回るGEの決算・見通しや米景気指標の悪化などを受け、ダウ$256の大幅下げとなった。
GEって電機かと思っていたら、コングロマリットいわゆる何でも屋なんやね?
業績が悪かった部門は金融だってサ。
ワシントン・ミューチュアルなんかもまた悪材料出てきてるようやし・・・まだまだ金融は底が見えたとは言えんような感じがする。
消費指数も予想以上に悪いようやし、ウォルマートみたいなディスカウントストアーだけが売れてるというのは、日本の状況とも似てるような気がするな。


で、タイトルの「N225の¥378高の意味は?」の結論は冒頭書いたように明日・明後日に出るんだろうけど・・・
おいらんが思うには「ちょっとしたミスさ」じゃあないかと。
当日の相場は市場というか人の心理的にもちょっとの揺れが来て、そっちの方向へ急速に傾いていった群集心理の表れだったような気がする。

ま、月・火を見てみましょう。


それと、4/10の日記にも書いてたけど、G7への期待・・・
やっぱり、市場の前触れどおりというか、おいらんの期待に反して、大したことなかったな。
即効性のある対策には向かわなかったというか、金融不安を拭えない対策に終わったな。
ま、言えば「新興国を含む世界的な景気見通しに対する下方リスクが残存しているにもかかわらず、意外と楽観的な態度」と思うな。
$安に対してはやや協調的な態度は見られるものの、そう代わり映えしないと思うし・・・
市場はそんなG7を好感はせんだろうと思う。


また、まとまらん記事になってしもうたけど・・・
金曜、結構高値で買った人はNYを見て、ちと心配になってるんやなかろうか?
が、日本市場は意外と底堅いという見方もあるんで、どうなるんかは分からんけど・・・

前述のとおり、機関投資家は買いか売りしかないから、ちょっとのことでどっちかに大きく傾くことがリスクでもあり、チャンスでもあるということにしておきましょう。


はい、毎度のことやけど、訳の分からん記事ですた。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/244-27d16e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
みなさん、元気ですか?では早速ですが今日もブログ更新いきますね!「機関投資家」に...
2008/04/19(土) 14:41:43 | 機関投資家のおいしい情報教えます!FX必勝法
今日はちょっとお疲れモードですが、頑張っていきますよ。元気を出してファイトです!...
2008/04/18(金) 12:09:17 | 機関投資家のおいしい情報教えます!FX必勝法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。