「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
「5.チャートを信じるかデイトレーダーをやめるか」において書き漏らしたことがあるので、ここに追記しておく。

それは、ファンダメンタルズに重きを置くトレーダーが失敗する訳と、本当に株価を動かすものは何か?ということについてである。
このことは極めて単純なことではあるが、過去の多くのトレーダーがこの単純明快なことを忘れて難解なファンダメンタルズを重視したばっかりに、資金を激減させることとなったのである。
それは現在も、そして未来においても繰り返されることになろう。


ファンダメンタルズに重きを置くトレーダーが失敗するそのほとんどが、「正しい」銘柄を間違ったタイミングで買ってしまうことである。
良好な銘柄ばかりに目を奪われていては、短期トレーダー特にデイトレーダーとしての成功はおぼつかない。

次に株価についてであるが、良好な経営は株価を上昇させないし、良好な収益も株価を上昇させない。
株価を上昇させる力は、この世にただ一つだけ存在している。
それは、単純に売りを上回る買いが存在するということである。

そんなことは分かっていると言う個人投資家も多い。
しかし、買い手が売り手を上回るタイミングはファンダメンタルズでは分からないことを体感している個人投資家は少ない。
言い換えれば、ファンダメンタルズが良好になってから買い出動する人が多いということである。
株価はもう十分に上がって少し下げ始めている時にである。


熟練したトレーダーでなくても、ファンダメンタルズの数値が出る前に株価が動いてしまうことを知っている。
それはマーケットが織り込み機能を有していることにほかならない。
が、しかし、そのことは知っていても、ファンダメンタルズの方を重視している人は多い。

チャートを見て、買い手が売り手を上回るようになる瞬間を捉えられるようになれば、財務諸表で頭が一杯の人が株価の上昇に気づく前に、その銘柄を買うことができる。
「間違った」銘柄でも正しいタイミングで買えば、利益を上げることができる。


「いつ(出動するか)」ではなく、「何(どの銘柄か)」の方に注意を向けていてはデイトレーダーとしての成功はない。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/404-3255ad7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。