「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
次回あたりから、そろそろデイトレードの実践的な内容に入っていこうと思う。
その前に、もう一度デイトレードの本質的なところをまとめてみた。

デイトレードを含む短期トレードというのは、決してその会社の将来価値を問題にしているものではない。
一般的に言われる良い銘柄とか悪い銘柄とかは関係ない。
ただ、値動きがどうなのか、あるいは今が買いなのか売りなのである。

短期トレードで買ったのに、相場が下がってきた。
その時に、この会社は良い会社だからもう少し持てばまた上がるだろうと最初の計画をうやむやにすると・・・もう、これは負け組への第一歩となる。

デイトレードで持ち越してもいいのは、明日の始値が今日の終値よりも上がるか下がるかの確率が非常に高いと判断できる時だけである。
そして、その判断が当たっていようが外れていようが、翌日の始値で手仕舞いするのが基本である。


以上のようなことは柔軟性に欠けると考える人は、デイトレードはやめた方がいい。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/405-2b09a50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。