「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
さて、このシリーズもいよいよ最終回となった。

(3)相場で生き残るための秘訣

1)儲かってる人とそうでない人との差
前回、損失の大きさがどれだけトレードに影響を及ぼすのかを細かく説明してきた。
実は、これが最も重要なポイントになるからである。

昨今、こと情報やツールについては、トレーダーはみんな同じレベルに近づいている。
しかし、それにもかかわらず、トレードを繰り返すうちに、儲かってる人とそうでない人に分かれていくのだ。
そして、その差はどこからきているかといえば、このリスクについて、きちんと整理してトレードに臨んでいるかどうかの違いなのである。

2)リスクを取るとは
「トレードにおけるリスク」とは、1回の取引で発生する可能性のある最大損失率(損失額)だ。
これはトレードする人自身が決めることである。
すなわち、リスクはその株の値動きが決めるのではなく、その株をどこでロスカットするルールなのかで決まるのだ。
例えば、投資する資金が500万円として、1回のトレードで取れるリスクを3%、つまり15万円と決めたとする。
そこで、1000株単位で株価1000円の株があって、この銘柄は950円で大底を入れて上昇中とする。
そこで、ストップロスをこの950円を割り込んだ940円と決めると、1000円で買ってロスカットとなれば60円の損で6万円、ということはこの株だけのトレードならば2000株まで買えるということになる。
3000株ならロスカットしたときは18万円の損となって、上記のリスク15万円をオーバーしてしまうから。
この答えは500万円の資金で、リスクを3%としたとき、1回のトレード金額200万円を示していることにもなる。
これなら、1回の損失で2.4%の損、このペースの損失なら5連敗しても442万円残る。

3)リスクに向き合うために
「リスクに向き合う」ということは、早い話が「自分が決めた含み損の限度が来た時に必ずロスカットをする覚悟を持ち・・・そして実行する」ということである。
そのことが明確に自覚できれば、チャンスが来て参戦するときの恐怖心はかなり軽減される。
もし、自分の思った反対の方向へ動いて含み損になっても、その決めた限度でロスカットを入れればいいのだから。
それは、リスクとして自分自身であらかじめ覚悟して決めていたことなのだから。
これは蛇足だが、そしてかなり重要なことでもあるが・・・そんなに「覚悟」という大げさなことで決めていなくても、大抵の人はロスカットしないといけないと気づいていているのである。
しかし、、ロスカットが遅れる人は・・・なぜかしないのである・・・そう、どんどん下がっていくのを黙って見ているのだ。
だから、逆に言えば、そういう人は重大な「覚悟」をしてその基準を決める必要があるのかも知れない・・・そう、習慣になるまでは。
もちろん、株は下がっても上がるまで放っておけばいいと考えている人は論外ではあるが。

しかし、参戦する入口を間違えなければ、そんなにいつもいつもリスクに直面するわけではない。
半分以上は含み益を持ちながら、目標価格やトレイリングを使いながら出口を見つける楽しみもあるはずだ。

そう、「利益は気持ちよく伸ばし、そして損失は決めたところで必ず確定する。」
これがトレードの極意だと思う。

そして、それは「リスクには正面から向き合う」ことから全てが始まる。
それができなければ、相場には手を出さない方がいい・・・相場は趣味だという人は別だが。
ちなみに趣味というのは、興味がない人からみれば、どうしてあんなものにそんなに沢山のお金を使ってしまうの?というような代物である。


最後に、極めつけの言葉になるが・・・
『損切りができない人は一生儲けられない。儲かったのは偶然の出来事だ。』


                           《完》

<お断り>
この「デイトレードの本質」のシリーズは自分が勉強した教本をベースにしたもので、自分自身がトレードをしていく上で再認識と意識付けのために記事にしたものです。
よって、読者に同調を促すものでもありませんし、ましてや強要するものでもありません。

尚、本当の長期投資家は株価が半分以下になって売り一色の時、今まで以上の金額で躊躇なく買い増しができる胆力と財力の持ち主であり、そういう人はこの一連の記事の対象にはなっていません。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/15(土) 12:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/532-b34c598d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。