「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
・・・見事な下げっぷりですな。

後場は難しいと思ってたが(実は難しいというよりも、前場を含めたいろいろな残像が頭にどんどん重なっていくんだと思うが)、やっぱり終盤までなかなかついていけなかったな。
後場始まりのフェイントをかけた急下げと、その後の急上げ、そしてモミモミしてからグッと下げ、そして14時過ぎてからの急上げと急下げのセットでめでたくお開き・・・もう、相場の全部を見せてくれたような後場やったな。

で、自分のトレードは・・・本心は最後まで瓜目線でいたけれど、どうも残像が邪魔して・・・いいトレードは最後の一撃だけだった・・・実は、ちょっと嘘がある、最初はちょっとだけ浮気した。

で、後場のトレードは・・・
①6752パナソ憎っく:貝@1453⇒食@1456。
              瓜@1457⇒食@1428。
②8306目潰しUFO:瓜@757⇒食@755。

①は前場で発注ミスしてるから、できれば取り返したいと思ってた。
最初のは後場始めに急落したんで、瓜目線に反して貝拾いをしてもうた・・・これが唯一の浮気・・・本心とは違うことしたんで、早々に気持ちを元に戻そうと思って・・・拾ってから食べるまで10秒くらいやったかな?
それからは②が上げてきたんで、ここは絶対に下げるポイントやと思って自信を持って瓜採りしたが・・・爆踏まれした。
で、自信を少しなくして、天辺でもう1回瓜採りするのさえ躊躇した・・・その後、案の定下げてきたけど、あまりにも見事に踏まれたので、もう粘る勇気はなかった・・・で、食べたら、どんどん下げていった。
ここからはちょっと精神的ダメージが意外と大きかったようで、瓜採りのチャンスも1回あったけど・・・なんもせんと見ていた。
で、最後、①が14時過ぎて上げて行ったんで、時間はまだある、次の下げが最後のチャンスやと気を取り直して待ってた。
それが①の2回目で、まあ言えば渾身の一撃ですな。
いきなり15Tくらい下げてくれたので、後は最後の最後の方まで粘って自分で食べた。

はい、お疲れさんどした。

けど、日経はあまりにも見事に下げましたなぁ~
さすがはダメリカの従属国の面目を遺憾なく立ててますなぁ~
ま、今晩のNYが更に下げそうなんで、それも先取りした感じはあるとは思うけど・・・

そうそう、前場で紹介した記事の続き(続きではないけど関連した部分)を参考までに以下に載せます。

『今回の英主導の米英中心体制蘇生策には、日本もいろいろと協力している。その一つは、おそらく日本政府の要請に基づき、三菱UFJグループが、潰れそうな米投資銀行であるモルガンスタンレーに90億ドルの金をつぎ込んで救済したことである。三菱は10月13日、一株あたり25ドルを払ってモルガンの株の21%を買ったが、モルガン株の先週の最安値は7ドルまで下がっていた(13日の株価は15ドル)。来週まで待てば、モルガン株はまた下がるかもしれないのに、三菱は、安値の4倍近い価格を、平然と、しかも予定より1日前倒しして13日に払い込んだ。

 三菱は、購入するモルガン株の優先株と普通株の割合を変えたりして、自行が負うリスクの軽減を試みた観があるが、一株あたりの価格は明らかに高すぎる。三菱の経営陣は間抜けではないだろうから、政治的な裏があるはずだ。日本政府が頼むとしたら、その相手が国内最大手の三菱になるのは自然だ。対米従属を持続したい日本政府は、金融崩壊で米国の覇権が失われ、日米安保体制が失われるのが怖いはずだ。リーマンに続いてモルガンも潰れたら、CDSなどデリバティブも絡んで、米金融界全体に巨額の損失が上乗せされて金融崩壊に近づき、米覇権の喪失の懸念が増す。モルガン崩壊を防ぐため、日本政府は三菱に金を出させたのだろう。

 三菱が一株7ドルで90億ドル分買うと、モルガン株の6割以上が買えて、モルガンは三菱のものになる。しかしモルガン側は、資金はほしいが主導権は日本人に渡したくなかった。その一方で日本政府は、自滅的ポールソンがモルガンを潰し、米覇権を崩壊させていくのを傍観したくなかった。そこで、割高な値段で三菱がモルガン株を買うという茶番劇になったのだろう。

 今後、金融危機が深化していくと、近いうちにモルガンは再び危機的状態に陥る。三菱が入れた金ではモルガンは救いきれない。ひょっとすると、いずれモルガンは潰れ、三菱は巨額の損失を被る。米政府は銀行への資本注入策を始めれば、モルガンはその対象となり、救済されるかもしれないが、その場合、米政府が注入する資本金によってモルガンの一株あたりの利益が落ち、三菱の利得は減る。米政府は、三菱がその手の損しないよう配慮すると確約したが、そもそも歴史的役割をすでに終えた投資銀行を米政府が救済するのかどうかも不透明だ。三菱のモルガン株購入は、非常にリスクの高い賭けになっており、その分、日本政府は三菱に恩義を負ったことになる。』

オイラもこの目潰しUFOにはよくお世話になってるけど、最初からな~んかおかしいと思う節があった。
あんな巨額投資を一日二日で決めるなんて・・・
それにしては目潰しUFO自体も大々的な発表はせんし・・・
それと、米国で投資銀行としての資格を剥奪されてたのが、今回解除許可された・・・
どうみてもおかしい・・・政府間の密約の中で・・・という風に考えたら納得がいく。
今日なんかでも、みずほは早々とS安に張り付いたりしたのに、コヤツは・・・誰かが買い支えているかのような・・・

ま、そんなこんなで・・・コヤツの株価には今後とも注目しておこうと思う。

はい、長くなったけど・・・また明日、どんな相場になろうとも・・・頑張ろう。

ここからは追記です。
今日の暴落記念を残しておこうと思って・・・なんかこの前もおんじことを書いてたような・・・
日経平均 8458.45 -1,089.02 -11.41% 10/16 16:00
日経平均先物 8250 -1,240 -13.06% 10/16 15:10
TOPIX 864.52 -90.99 -9.52% 10/16 15:00
東証2部指数 1977.55 -74.16 -3.61% 10/16 15:00
マザーズ指数 303.87 -12.73 -4.02% 10/16 15:00
日経JASDAQ 1078.30 -28.01 -2.53% 10/16 15:30
ヘラクレス総合 472.41 -26.25 -5.26% 10/16 15:11
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/538-1aacbc3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。