「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
NYダウは1年4カ月ぶりの5連騰、日経平均も中一日の反落を挟んで同様の動きをしている。

この深刻な実体経済の悪化をよそに、なぜ株価は上がるのか?
そして、今後の株価も立ち直っていくのか?

その前に、冒頭の直近の連騰の理由を確かめてみよう。
NYダウについてはオバマのガイトナー財務長官をはじめとする人事案、シテイの救済策発表、FRBによる新たな資金供給策、ビッグ3の救済期待である。
日経平均については後述するとして・・・まずNYダウについて考えてみよう。
オバマへの期待は次から次へと絶え間なく出てくるものではないし、期待だけでは底力はないと思う・・・肝心なのは金融政策の方である。

例えば米政府のシティ救済策は、シティにとって素晴らしい内容である半面、米国民には巨大な負担となる。
米国民(政府)が、3000億ドル以上の与信枠を与えた見返りに、シティから得たものは、年間8%の利回りをもらえるとはいえ、270億ドル分の優先株式だけである。
シティは、とりあえず破綻を免れているが、いずれ再び危機的な状況に陥って潰れるかもしれない。最悪の場合、米政府(米国民)は3000億ドル前後の損失を被ることになるのである。

米国のカード保有者の10人に一人は、ローンを予定どおり返せなくなっている。
シティグループは米国を中心に、1億8500万枚のクレジットカードを世界で発行している。これらの発行済みカードが生んだローン債権の中の不良債権(90日以上の延滞債権)は、1年間に67%の急増となっている。
米金融界全体に共通することだが、シティグループの不良債権は今後さらに増えることが確実だ。

米政府は、シティ救済の直後には、フレディマックとファニーメイという政府系住宅金融機関2社の救済などのために、新たに8000億ドルの救済枠を作ることを決めた。シティ救済前に約7兆4千億ドルだった政府の金融救済枠の総額は、1週間ほどの間に8兆5千億ドルにまで急増した。
いずれ米政府は財政破綻し、ドルの価値が下がって、米国はハイパーインフレになると予測されている。
こうなると・・・もちろん円高は一気に進む。。。

外国人投資家がドルを信用しなくなり、ドルを売って金地金を買う動きを加速させ、金相場が高騰することだろうと予測している。
そして、ドル崩壊と金高騰が起きた後には、金本位制が見直され、再検討されることになるという。
金本位制復活論は、もはや嘲りの対象ではない。最近は毎日のように、この手の驚くべき話が、米英の新聞に掲載される。

さて、ビッグ3については・・・まだ決定されてないので、詳細には書けないが・・・米政府は恐らく全面的にではないにしても救済するだろう。合併話が同時に出てくる可能性もある。
いずれにしてもビッグ3が救済されるとすると・・・シティと同様以上?の負担が米政府(国民)にまた大きくのしかかってくる。

以上書いたことが全く確率の低いストーリーだろうか?
そうでないとすれば、果たしてNYダウは上昇していくだろうか?


次に日経平均についてであるが・・・
まあ、NYダウやナスの従属株であるから、そんなに自主的な材料は多くない。
ただこの2週間は¥8000くらいでモミモミしている。
このモミモミ状態での最初の週(11月第3週)の投資主体別売買動向(単位:百万円)を見てみると・・・
外国人 -536073( 6週連続売り越し)
法人   +590302(10週連続買い越し)
個人  +199774( 9週連続買い越し)
外国人は売って売って売りまくってる。
日本法人や個人はそれを買ってる。
で、日本法人の内訳だが・・・ +430163が信託銀行である・・・信託銀行?・・・実はこれは我々の年金資金であります・・・そう、大切な年金資金!・・・もちろんその週全体的にそのほとんどがその信託銀行の買いなのであ~る。
年金資金運用?・・・確か7-9月期で<4兆2,383億円>の損を出しているんじゃあ・・・?
で、また現在の<10-12月期>はさらに運用成績が悪化しているそうな・・・
俺等の年金資金、もっと大事に運用してもらわんと!・・・こういうの誰も責任取りません!
こんな買い、いつまで続く?
それにチャート見てみてよ!・・・ここ4日の売買高の少ないこと!

ということは・・・日本株の行方は?・・・

ま、日本株もそろそろ上げてもらいたいのは誰しも期待したいところですが・・・
客観的な事実と状況はこんなもんです。


明日から12月、褌を締めてかからんとあきませんな。

<注>シティの記事のところは、いつも読んでる記事をかなり抜粋させてもらってます。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/590-5bb2cdd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。