「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
1.どうせやるなら楽しくトレードしようの続き・・・

今回は「楽しくトレードするための出発点」というタイトルにしようと思ったけど・・・読む人によっては反感を持たれるかもしれないが、一番重要なことをハッキリ示した方がいいと感じ、敢えてこのタイトルにした。
何でもいい、儲かればいい、と思ってる人はここから先は読まないでください。

「薄汚い自分を捨てる」ということは、「楽しくトレードするための出発点」には不可欠なことというか、出発点そのものと思っている。

では、ここで言う「薄汚い」こととはどういうことなのか?
別の言葉に言い換えれば、「無恥」とか「強欲」とか「厚顔」ということになる・・・早い話が「恥知らず」「欲深い」「厚かましい」ということだ。
こういう気持ちで(またはそれに気づかず)トレードをしていると、「普通の人」は大抵最後は大きく失敗する。

では、具体的にはどういうことを言うのか?
①損切りをしないで(塩漬けにしたまま)、平気で?別の新しいトレードをする。
②不祥事を起こした銘柄を敢えてトレード対象にする。


①はいつもいつも出てくることになるし、「もう分かった」と言われるかもしれないが、一番大切なことなのでこれからも出てくると思う。
それほど「分かっちゃいるけどやめられねぇ」ことなので、今日はその方法ではなく、「損切りができる(塩漬けにしない)」気持ちにならざるを得ないことを書こうと思う。
結論から言うと、「損切りが遅れる(塩漬けにしていまう)」あなたは「薄汚い」つまり「恥知らず」「欲深い」「厚かましい」人だからだ。
そんなあなたは、「間違ったことに気づいたら、すぐに謝罪し改める」ことを他人には要求し、そうしない他人を軽蔑さえするくせに、自分が間違っても気づかないふりをするような人だ。
例えば、上がると思って買った株が下がり始め、下値支持線を割ってどんどん下がっている・・・なのにあなたは何もしない・・・上がると思ったのはあなたの間違いではなかったの?
そして、いつのまにか塩漬けにしてしまった・・・これからも上がる確率より下がる確率の方は高いとあなた自身も考えている・・・なのに何もしないのはなぜ?・・・それはあなたが「薄汚い」「卑怯」な人だからだ。
今ある資産は「買値」ではなく、「現在値」なのだ。それが今、更に減ろうとしてるのに、また減る確率の方が高いと分かってるのに・・・それでも自分の「買値」を意識して損切りしないあなたは・・・「強欲」そのものだ。

「楽しいトレードの出発点」に着くためには、そういった含み損を一掃して、「薄汚い」「卑怯な」自分を捨ててしまうことが前提になる。
損切りしたら、すぐ上がるかもしれないからできない?
え?これからも下がる確率が高いと思っているんじゃないの?
それがよく分からないから迷ってできない?
そんなことは誰も分からないことなんじゃあないの?
誰でもその確率の高い方にトレードしてるんじゃあないの?
下がる確率の方が少しでも高いと思ってるから、思い切って損切りするのよ・・・誰でもが。
もし、損切りした後すぐに上がって、これからもまだ上がると思うなら、また買い戻せばいいじゃない?
そしたら、その分損するから嫌?
その損した分は今まで損切りせずにいた損に較べれば、すっと小さいじゃない?
それでもその損は嫌?これからまだ下がると思っているのに?
もう何を言っても無駄かな?あなたは「薄汚くて卑怯な」人だわぁ~。

「ここまで下がったから上がる確率が高い」と思ってる人も意外といるかも知れないし、「今まで塩漬けにしたのに今更」と思ってる人もいるだろう。
もちろん明日やみくもに損切りをするのがいいと言ってるのではない。(変な言い方になるが、本当はその方がいいのだか・・・)
明日以降もまだ下がりそうだと思ったらすぐに、上がりそうだと思ったら次に下がりかけたときに損切りすればいい。
そうしないと、いつまで経っても「楽しくトレードするための出発点」には着けない。

「人生には何事も遅過ぎるということはない」というのが自分の持論だ・・・もちろん「普通の人」が自分にとって「これが一番いい」と思ったことは、という前提条件があるが。
就職、転職、恋愛、失恋、結婚、離婚・・・そして相場も同じことだと思う。
単なる願望や妄想ではなく、現実を見つめた上で自分ができる精一杯の努力ができることが、「これが一番いい」ことだ。
明日、下がる確率が高いと思ったらすぐ損切りすることが、「これが一番いい」ことだ。
また上がると思ったときには、その時買い直せばいいではないか。
そこで少しの損が出ても、また同じ過ちを繰り返すリスクと比較すると、それは大きな利益を生むことになる。
「損切りしない人は、絶対一生儲からない」

どう?損切りする気持ちになった?
そう、損切りしたの?スッキリして新しいトレードに集中できるし、毎夜嫌なことを思い出さずに済むようになったって?
よかったね。それに勝ち負けがはっきり分かるから、自分がどうしたらいいのかもよく考えられる。


次に②についてだが、不祥事を起こした企業の株をトレードすることは、その不祥事に間接的にでも加担したことになる。
そんなのどうでもいい、それこそ儲けられるチャンスじゃあない?と思ってる人は・・・自分も何度もそう思ってトレードしたことはあったが・・・自分もそうだったが、「普通の人」は儲けられる時はあっても・・・最後には損してる。

順不同だが、日興コーディアル、I H I、NOVA、グットウィル、三洋電機・・・一々覚えてないけど、調べれば枚挙に暇がないと思う。

こういう会社の株はえてしてS安が続くと思えば一転S高にもなる。
それは似非投資家というか糞トレーダー(失礼)が利ザヤ狙いの売買を繰り返すからだが、まともな個人投資家は見向きもしないはずだ。

もちろん、稼ぐためにはどんな会社の株だってチャンスがあれば売買するのがトレーダーだと言えないことはない。
しかし、そんなトレーダーは、上記のような会社を批判することさえできない、それこそ同じ穴の狢だ。
そんな銘柄を利ザヤのためだけに売買すれば、市場から消えて当然の会社をのうのうと存続させ、また同じ過ちを繰り返したり、同じような会社の育成?に協力していることになる。
そして、それは自分がその利ザヤを稼ぐために、その落とし穴に落ちる(稼いだ以上に大きく負ける)可能性を高めている。


では、最後に「楽しくトレードするための出発点」に必要な付録を・・・
それはトレード手段を整えることとでも言おうか・・・ごく当たり前のことだが・・・

①下降トレンドでは空売りも上昇トレンドの買いと同じようにできるようにしておく。
②デイトレードとスウィングトレードを一緒にやらない。

①はもう言わなくても分かることだが、どんなトレンドでも無理なくトレードできるために。
②はたとえ同じ銘柄でもトレード別にきっちり区別して管理できる人は別だが、「普通の人」には難しいというかすぐできなくなって、大抵は自分で決めたルールが守れなくなり失敗する。
デイトレーダーがやっていいのは、ON(オーバーナイト)だけで、それも翌日の寄り手仕舞い(遅くても前場手仕舞い)が原則。


今日はここまで。
次回は「相場の見方」みたいな感じで書こうかと思うけど・・・未定。

ところで、先週で今年の相場も終わった感じがしてる。
日本株はここのところ底堅い動きを見せていたが・・・年末に向けてはどうなんだろう?
今まで踏ん張ってきた分(日銀の利下げ期待もあり)、もみ合い多少反落傾向になるのではないか?加えてザラバは結構動くかな?と思ってる。
譲渡税節約の為の損切り売りも、例年ほどには出てこないように思うが、株を枕に越年したい人も少ないのではないか?・・・来年の実体経済はもっと悪くなるだろうし、まだどこが底か予想がつかない人が多いのではないか?
もし、反発するなら、それはオバマ期待効果でNYが上昇するときがあれば・・・ということぐらいか?

いずれにしても、自分のトレードとしては先週で一応の区切りをつけたので、後は少ないながらもココっというチャンスがあれば・・・ということで慎重にいこうと思う。(なんや、いつもと変わらんやないか!)
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/609-fe2ffba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。