「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
ローソク足とは

・“ローソク足”を見れば、始値、終値、高値、安値の「株価」が一目で理解できる。
・“ローソク足”は、投資家の心理を教えてくれる。
・“ローソク足の胴体”は投資家の冷静な判断に基づいた株価の動きをあらわす。
・“ローソク足のヒゲ”は、投資家の心の動揺や、あせりによる株価の動きをあらわす。

ローソク足にあらわれる投資家心理
(分かりきったローソク足は挙げていない)

1.長い上ヒゲ陽線(上昇の後に出たら先行き下落に要注意)
 上昇した後に益出しのために売りが出て下がり、これを見た他の投資家が慌てて売ったことで大きく下落したというローソク足。
 一般的には上昇してきた時に出た場合は先行き下落に要注意。

2.長い下ヒゲ陽線(下落の後に出たら注目せよ)
 最初に下がってから上昇に転じて、寄付きよりも上昇して終わったというローソク足。
 これは大きく下落した後に現れるケースが多く、その場合には買い圧力が強いので要注目と考えられる上昇の期待できるローソク足。

3.長い上ヒゲ陰線(さらに下落する可能性大)
 1.の陰線版。陽線でも高値圏で出た場合は下落する可能性が高いが、陰線の場合は寄り付きよりも下落しているためさらに下落する可能性が高まる。

4.長い下ヒゲ陰線(注目しても良いが勢いは弱い)
 2.の陰線版。陽線よりは売り圧力が強いため陰線になっており、勢いが弱いといえる。

5.トウバ上ヒゲ・トンボ下ヒゲ(高値圏での長い上ヒゲは危険)
 寄り付きと大引けが同じ価格。上ヒゲと下ヒゲでは天国と地獄の差がある。
 高値圏で長い上ヒゲが出た場合は非常に危険。安値圏で長い下ヒゲが出た場合はチャンス。

6.十字線(どちらが先かが重要)
 上昇してから下落し、最後に戻った場合は上昇期待あり。その逆は下落気分。
 安値圏では上げ、高値圏では下げのサイン。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/62-ac4b6857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。