「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
前回、デイトレードの4つの基本について書いたが、今回はその中の
①「売り」で狙っているのか「買い」で狙っているのか?
②どこで入るのか?
についてもう少し掘り下げていこうと思う。

本来、トレードの原点は「儲ける」ことであり、基本は「安く買って高く売る」ことだ。これは今もこれからも変わらない大原則に違いない。
しかし、この「安く買って高く売る」ことは意外にも非常に難しいことなのだ、特に「普通の人」にとっては。
この「安く買う」ことは「落ちてくるナイフをつかむ」ことにつながりやすいのだ。その上、中途半端に「高く買ってより高く売る」ことが頭に残っていれば最悪のケースになる・・・そう、最悪の場合「高値つかみ」という漬物をこしらえてしまうことになりかねない。

ではどうしたらいいのか?
まずは「安く買ってやろうとは思わない」ことだ。
特にデイトレでは「値ごろ感」で買ってはいけない。
「安物買いの銭失い」は日常生活でも大抵の場合当たってる。
相場でも「底値」で買おうとする自分はまたもや薄汚い自分になろうとしうているのだ。
そんな薄汚い真似はやめて、上げトレンドにある銘柄の押し目を買えばいいではないか。

・・・ということを前置きにして、タイトルの「高く買ってより高く売り 安く売ってより安く買い戻す」ことについて実戦を想定して考えてみよう。


「初押しは買い」
勢いよく上げた相場が、行きつかえて初めて押し目らしい押しが入った。この押しは材料のいかんにかかわらず買いを入れよと昔からの経験則に基づいた言葉。特に本格的な上げ相場となったら、絶対に買い付くべしとまでいわれる。

買おうと思うが株価は上がる一方。とはいうものの、どうせ一本調子では上がるまい。一度は下がってくるときがあるだろう。そこで買おう―というのが、押目待ち。しかし、相場の勢いが強いときには、なかなか望みどおりには下がってくれないものだ。結局「押目待ちに押目なし」となり、ついに買いを諦めざるをえないことになる。それならまだいいが、相当高くなって掴んでしまうことになりかねない。
ま、こういう場合、「普通の人」は買わないと決めた方がいい。

 また押目待ちの気持には、最初買おうと思った値段にこだわる傾向がある。だから、かりに押目があったにしても、小幅であるときには「もう少しで自分の考えていた値段まで下がる」と考え、せっかくの買いチャンスを逃がす場合も多い。
ここは「普通の人」でも勇気を出して買わなければならない。押し目が小幅であるからこそ買うのだ。
自分の考えていた値段まで押すということは、買った後もっと押してその遥か下に行ってしまう確率も高まるというとだ。

 その反対に、下げ相場になって売りそこなった人が、少しでも高く売りたい気持から戻りを待つが、その期待もむなしく相場はどんどん下がり、ついに売れなかったり大底で投げる羽目に陥る。これが「戻り待ちに戻りなし」である。
この場合も初戻りがあれば迷わず売る。空売りや買玉の利確手仕舞いであればもちろんのこと、損切りであれば迷わず絶対に売らなけtればならない。

 押目と戻りについては「初押しは買い、初戻りは売り」という格言もある。いわば経験法則とでもいうべきものだ。本格的な上げ相場での初押しとか、長い上げ相場に転換期がきて下げ過程に入ったときの初戻りなどにはほとんど有効だろう。
しかし、どのような場合にでも必ずあてはまるとは限らない。その場合は損切りすればいい。
ここで大事なことは確率の高いことは実行する少しばかりの勇気だ。

特に「普通の人」にとってはこのセオリーどおり実行することが何を置いても大事なことだ。
ここで、カリスマトレーダー?になったような感覚に陥って、なにか裏道を行こうとしたりしてはいけない。
騙されたらすぐ損切りすればいいではないか。そんなに大きな損失にはならないはずだ。

「普通の人」にとって大切なことは、「セオリーどおりトレードして負けるはずがない」と信じてトレードし続けることが大切だ。

今回は冒頭の①②について書ききれてないので、次回もまたそのあたりこのとについて書こうと思うが・・・未定。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/630-3e400878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。