「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
「移動平均線」とは、一定期間の株価の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフだ。

・ 「移動平均線」から相場の流れがわかる。
・ 「移動平均線」で株価の上昇や下落が止まり、反転する可能性が高い。
・ 「移動平均線」は株価がなだらかに動く相場で威力を発揮する。
・ ある期間の「移動平均線」がうまく機能していない場合には、別の期間の移動平均線もチェックする。
・ 多くの投資家に使われているテクニカル指標は当たりやすい。

「移動平均線」は一定期間の終値の平均値だから、言い換えると、ある銘柄をその期間に買った投資家全員の平均コスト(買い値の平均値)ということになる。

このことから、上昇トレンドの場合は“平均コスト”よりも大きく上昇して、利益を取ることができた投資家が前回買った買い値に近づくと、「また買えば儲かるかもしれない」と考え買い注文を入れるため、株価が下げとまり再び上昇すると考えられる。

反対に下落トレンドの時は、買った後大きく下がってしまって売りたくても売れなかった投資家が、買い値に近づいたことで、「やっと株価が戻って損失が少なくなったので、今の内に売ってしまおう。」と考える投資家が売り注文を出す傾向があることから、上昇が止まると考えられる訳だ。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/75-cb604f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。