「シュミトレ」でON-OFF自由自在の悠々トレードを・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
2005年11月15日(1万4091円77銭)以来、約2年2カ月ぶりの低水準に落ち込んだそうな。
いよいよ¥14000に近づいてきた。
1日あれば到達可能な距離になったが、その前に¥14231のノックイン到達おめでとう。
次はいよいよですが、以下の記事が出てたよ。

米メリル、住宅ローン関連投資で1.6兆円強の評価損計上へ-NYT
1月11日(ブルームバーグ):米ニューヨーク・タイムズ(NYT、オンライン版)は11日、米証券大手のメリルリンチが住宅ローン関連投資で150億ドル(約1兆6400億円)の評価損を出す見込みだと報じた。損失額は当初見積もりの2倍に近く、同社はこのため増資を計画しているという。
 同紙は事情に詳しい複数の関係者の話を基に、メリルが来週の決算発表時に巨額評価損を明らかにすると報じている。ウォール街のアナリストの多くはメリルの損失を120億ドルと予想していたという。

ここまで来ると好材料にはあんまり反応しないが、悪材料には敏感になってるし、まずは今晩のNYからですが・・・

こういうときは、自分が決めたトレードルールに従うことが大事なんやね。
小生の場合こういう日は休むということがルール。
前場はまだINできる相場展開もあったような気がするけど、後場はねぇ~・・・。
なかなかネックラインまで到達しないし、切り返してもすぐ後戻りするし・・・、大引け前に貝が拾えるかと少しは期待していたが、それもほとんどなかったように思う。
ということで、後場のトレードはなし。

・ ほとんどのトレーダーを打ち負かすのは人間的判断である。
というも名言ある。

「ルールに従うとは自分で決めた約束を守るということにつながり、約束を守ることは心の安定につながり、心の安定は冷静な判断へと繋がったのではないだろうか。どんな勝負事でもどんな事業でも常に冷静な対処ができるかどうかが結果的に成功者と失敗者とを振り分けているのではないだろうか。」

ということらしい。

更にレベルを上げていけば・・・こういう名言もある。
・ 空売りを恐れないこと。買い方も売り方も同等に儲けるチャンスがある。

今日の株価レベルで空売りができるのは、よほど胆力のあるトレーダーだろう。
小生にはそれ程の胆力はない。
そういうこと。

いずれにしても、来週が楽しみです。

おしまい。
スポンサーサイト
よかったらそれぞれワンクリックください⇒にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
本当に。
決めたルールを守る事は、トレードでは最も大事な事ですね。
ルールを守らずに失敗すると、ダメージは何倍にもなって、後々のトレードに悪影響がでますからね。

私・・・実は去年の前半までそうでした。
2008/01/11(金) 16:05 | URL | kiroro #R1LcPkmE[ 編集]
kiroroさん

そうですね、自分のルールをコロコロ変えることが、一番精神的に悪いですし、そのことが後々変なトレードになって現れますんでね。

だから、¥14000にあまりこだわってはいけないと思うのですが・・・
心の底では¥14000到達したら、反発するかな?という期待があるようです。
そういう人間的判断も捨てないとね。
2008/01/11(金) 16:15 | URL | ぱふぇっと #-[ 編集]
私も、日経14000円は、一回反発の大きなポイントとみてます。
前回長い下髭をつけた所ですものね。
このポイントで見極めないといけませんね。

しかし、14000円を割り込んだら、下値ポイントは12000円ですか?
想像したくないですぅ~

株価的には底と思いたいですが、市場の様子は底はまだって言ってるようですね。
多くの専門家のコメントが総悲観になった時が底かも。
2008/01/11(金) 16:45 | URL | kiroro #R1LcPkmE[ 編集]
ちょっとちょっと、kiroroさん

いきなり¥12000ですか?
一応¥13000もありでは?

けど、¥7000をつけた時は¥14000から2年で到達してますから、もしかすると¥12000なんかはちょっとした通過点かもしれませんね。

瓜売りの練習しておきましょう。
2008/01/11(金) 17:03 | URL | ぱふぇっと #-[ 編集]
私は瓜はしない方針だったけど、
最近勉強しなきゃだめかもと思い始めました。

ワラントのほうが、私みたいな初心者は安全なんでしょうか。
2008/01/11(金) 18:07 | URL | ココナッツ #mQop/nM.[ 編集]
ですね。
週足では13300円あたりにもポイントがありますね。
でも・・・月足では・・・
まさかね。と思いつつ、頭には置いておかないと。

うっ!!7000円
まさか
でも、状況の変化によっては・・・

売りができないと、今年は厳しそうですね。
先日言われていたように、買いも売りもリスクは同じって、頭じゃなくて体で覚えなきゃ。
2008/01/11(金) 18:09 | URL | kiroro #R1LcPkmE[ 編集]
ココナchan

俺、ワラントしたことないから、よう分かりません。

株の空売りの方が単純な気がするから・・・
俺は何でも単純な方がいいと思ってるだけやけど・・・

お役に立てずにすんません。
2008/01/11(金) 18:41 | URL | ぱふぇっと #-[ 編集]
kiroroさん

みんなが一斉に瓜栽培や瓜売りに転職しないと・・・、と言い始めればいいんですけどね・・・。
そしたら、一転上昇ですわ。

心の底ではそう願ってます。

だから、いつまで経っても瓜が美味しくいただけないんですね?
2008/01/11(金) 18:48 | URL | ぱふぇっと #-[ 編集]
次のFOMCでアメリカ利下げになるの?
すると、株価上がるの?
日本も上がるの?

利下げになると、お金が市場にでまわって、
インフレになるってことは、
おぼろげながらわかるんだけど、
株価が上がるのかどうかがわかりません。
日本はすごく金利が低いけど、
株価上がりません。

よくわかりません。
2008/01/11(金) 20:51 | URL | ココナッツ #mQop/nM.[ 編集]
ココナッツさんへ

あくまで私の考えですが。

FOMCはFF金利0.5引き下げをするでしょうね。
でも、株価に変化はないでしょう。
それは、既に0.5引き下げを株価が織り込んでいるからです。
だから、もし0.25なんて事になったら、株価は下がるでしょう。
この「織り込み済み」がミソね。

金利を引き下げると、サブプライムで借りている人たちの、返済金利が下がりますよね。
そうすると、返せなくて破綻する人が減る事になります。
そうすると、金融機関の不良債権も減るわけです。
その分、金融機関は貸し出しする余裕ができて、企業の借り入れがしやすくなる。
その結果経済に良い影響がでる。
こんなところでしょうか。

すみません。
私が答えちゃいました。
2008/01/11(金) 21:20 | URL | kiroro #R1LcPkmE[ 編集]
ココナchan

kiroroさんの書いてるとおりだと思います。

ココナは株価まで本当に(必ず)上がるの?と聞きたいんやね?
だって日本は上がってないでしょう?・・・と。

本当にとか必ずとは言えない。
あくまで理論上のことというか、他の要因がないとしたらというか、あくまで相対的にということかな。

貸出金利が低くなると、企業や個人はお金を借りて設備投資をしたり、住宅を購入したりするので、経済活動が活発になる。
公定歩合の引き下げは、景気が低迷したり、不況に陥ったりした時に景気刺激策として行われる。

ということで、あくまで景気刺激策やから、刺激しても反応が薄いというか、慣れっこになってるというか、日本の場合は市場にお金は結構ジャブジャブあるのに使い道がないのが現実と思う。それだけ市場に魅力が薄れているとも言えるかな?

いくらお金があっても、例えばこの前の人口が減少すれば、購入意欲が少ないから個人も全体では需要が増えないし、企業も増産する必要もないから設備投資もしない、そういうことになるかな日本の場合。

なんか余計に分からんようになった?
そう、本当や必ずはないから、分からんのが正解かもね。

2008/01/11(金) 22:00 | URL | ぱふぇっと #-[ 編集]
>kroroさん

ありがとうございました。
織り込み済みというところがミソなのね。
サブプラム問題と関連して、
金利がさがると破綻の可能性が下がるというのもわかりました。
ありがとうございます。

>やっぴいさん

ワラントより素直に瓜のほうがいいのですね。
私、信用ってやったことないからすごくこわいんです。
ワラントは、読んだ限りではレバは高いけど、
失うものは、それほど多くないみたいだったので。
これは、先物に似ているのかな。
あ~、もう一度勉強しないとだめだあ(^^;

金利が下がると理論的には、株価はあがるけれど、
人口が減少すれば、購買意欲も少なくなり、
経済活動も活発でなくなるから、
必ずしも、金利が下がれば株価が上がるというわけでは
ないのね。

ふう~~~・・・・・


どうしたらいいんだろ?
私の塩漬け株はいったい上がるのか????

これが重大。。

デイトレ用の脳みそを作り始めようかなあ。


お二方、どうもありがとうございました。
感謝でございます。m(__)m


2008/01/11(金) 22:40 | URL | ココナッツ #mQop/nM.[ 編集]
ココナchan

風呂入る前に簡単にコメントする。

信用は言うならレバは3倍くらいかな?
ワラントや先物はもっと大きいよね。
いわゆる持ち資金で運用できる総額対比ではね。

レバが大きいから必ずしもリスクがあるとは言えない。
目一杯投入すればリスクが高くなるのはどれもおんなじ。
そのときレバが大きければそのリスクは当然高くなる。

こんなことは言わんでも分かっとるわね。

言いたいことは二つある。
一つは資金管理をきっちりする。
残りは自分が熟知した対象や手法で投資する。

だから、信用が怖いというなら、他をもっと勉強して自分に一番向いてそうなものに投資するのがベストやね。

ただ、資金が相対的に少ないから、リスクは承知でレバの大きいものに投資したいというのなら、そういう選択方法も加味して決めたらいいと思う。

ワラントは負けたら自分の掛け金を失う、株は運悪くS高になったら10%程度は失う、その確率と成功したときの確率の比較はしてみた方がいいかもね?俺はしたことないから。

いじょ。
2008/01/11(金) 23:18 | URL | ぱふぇっと #-[ 編集]
こんばんは

今日の大幅な下げはなにか予定されていた通りに下げたということで、あまり実感がわかない。
ほとんど参加できなかったのでそう感ずるのでしょうか。

日本市場は3段下げを見事に描いてくれているが、まだ完成ではないようだ。
14000円を割り込んで13700円位まであるのでは。

まだしばらくは疑心暗鬼の日々が続きそう。







2008/01/12(土) 00:39 | URL | tango #-[ 編集]
利下げと株価

金利引下げすると絶対必要とするところにいかないで、うまく投機でもうけようとする人が借りることが多い。

実際あれだけサブプラ問題で損失を出していながら、米国株は最高値を更新して今なお日本株より高値を保っている。

投機の金は商品市況の原油、穀物、金等に流れてインフレを引き起こそうとしている。

一番先は日本の低金利資金を借りての米国の不動産だったかもしれない。

日本株はなぜ低金利にもかかわらず上がらないのか。
日本の景気は悪かったのか?
いやここ数十ヶ月は何とか景気で良かったはず。

一つにバブル崩壊後の日本の機関投資家は、株式投資により慎重にある意味臆病になっているのかも。

また国の株式市場に対して、株価を上昇させるという政策が見られなく、逆に株式の譲渡益の税金を上げようとしている。
外国では譲渡益は非課税というところもあるのに。
国の政策が無策というより足を引っ張っている状態で投資家は離れている。

また株価を上げずに下落させる方が簡単に操作できると考えた外国証券が先物の仕掛け売りを企み、NY市場、SGX、日本市場を操作し株価を下落させていて、、これに国内最大手のヘトヘト証券が悪乗りしている。
日本市場はいいように操られていて、これが上昇できない最大の要因かもしれない。

日本政府はこういう投機を取り締まることは考えないのだろうか。

こんなことを考えていますが。







2008/01/12(土) 02:09 | URL | tango #-[ 編集]
tangoさん

ようこそお訪ねいただきました。

11日の日本市場は下げ幅も大きかったけど、それに加えて安値引けですもんね。
こういうチャートはまだ売りたい人がほとんどだというように教わりましたよね。
気持ち的にはそろそろ底か?と思いたいけど、トレーダーとしては客観的にチャートを見ないとね。

昨夜のNYもまた大きく下げたようだし、またその下げ方もよくない。
月曜のNYがまたおなじようにズルズルだと、火曜の東京は悲惨な相場になりそうですね。

こういう時こそ、冷静な判断が必要と教わってきました。
実戦の場で生かしたいですね。



続いて「利下げと株価」についてのコメントもいただき、ありがとうございました。

利下げはあくまで景気刺激策ですから、いつまでも効くはずのないものをそのままに放置して、「いざなぎ景気越え」という嘘みたい指標を鵜呑みにして実質的な経済活動の活性化政策を継続実行してこなかったことが、現在および今後の日本経済に禍根を残しつつあるのではないかと思っています。

日本の政治家は株価をさほど重要な経済指標と考えてないのは発言や行動(しない)をみても明らか。
いつも人ごとみたいなことを言って、「注意深く見守る」ことしかしない無能な政治家ばかりだから、こりゃあ根が深いですよ。
株取引自体を一部のギャンブラーがすることのようにしか思ってない節もある。

円キャリートレードだって、自由経済の中では当然のことだし、投機だってありだと思うんです。
そこを金利政策や具体的経済政策で柔軟に対応していくことこそ資本主義経済の真骨頂だと思いますがね。
そういう点では米国に学んだらいいのにと思いますよ。
米国一辺倒な政治の割にはそんなことには無関心なのはなぜ?と言いたくなります。

景気には「山あり谷あり」なのは当然だから、それを修正していくことこそ経済政策の面白みなのにね・・・

日本経済や株価が深い、深~い谷にならないように祈りつつ、トレンドにあった自分のトレードを続けていこうと思う今日この頃であります。

tangoさん、また来てくださいね。


2008/01/12(土) 12:36 | URL | ぱふぇっと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://puffett.blog123.fc2.com/tb.php/93-318b0c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。